部長からのメッセージ

練習風景
札幌学院大学は北海道でも伝統のある硬式テニスの名門大学の一つとして数えられており、卒業後、今でもテニスに携わる仕事をされているOBが多数います。
部員は仲が良く、一部リーグ昇格という目標のもと、全員一丸となって日々練習に励んでいます。テニスサークルのコーチをしている部員もいるので、初心者からでも絶対上手くなれます。テニス経験者の方は、この部で更に技術の研鑽を積めば、大学の大会でも活躍できます。
硬式テニスを通じて僕達と心身ともに、一流を目指してみませんか?みなさんの入部をお待ちしております。

基本情報

部員数:21名(男:17名・女:4名)
活動日時:夏・週5 講義終了次第から日没まで  冬・規定の時間(週4)
活動場所:第2キャンパス テニスコート 冬:メインアリーナ
部費:5,000円/年 入部金:なし
モットー:切磋琢磨

クラブ・サークル新着情報

(2008年05月31日) 大先輩来訪─プロテニスコーチ沢田昌昭さん

選手へ直接指導する沢田コーチ

選手へ直接指導する沢田コーチ

5月31日、大先輩であり、現在プロテニスコーチとして世界で活躍している沢田昌昭さん(商学部商学科1990年卒)が、お忙しい中、札幌学院大学硬式庭球部を訪れ、2時間にわたって様々な技術指導をしてくださいました。また、大学時代の部活の様子や練習で心がけていたこと、世界のテニス事情などについても熱く語っていただきとても勉強になりました。
沢田さんは「君たちにとってテニスは趣味ではなく、競技」とおっしゃいました。この言葉は私たち部員にさらにやる気の炎を灯しました。沢田さんのアドバイスを今後に活かし、これからも毎日の練習を大事にして全国大会出場を目指していきたいです。
(今回の沢田さん訪問について6月3日火曜日の北海道新聞に掲載されたのでぜひご覧ください。)
男子硬式庭球部一同

沢田昌昭さん略歴
90年3月 札幌学院大学商学部商学科卒業
97年8月 勤務していた会社を退職し、オーストラリアなどで指導経験を重ねる
99年1月 タイ・バンコクでワーキングパミットを取得し、プロテニスコーチとなる
00年9月 バンコクでジュニアプロジェクト『MACY TENNIS TEAM』スタート
02年    ネパールナショナルチームコーチ就任
05年    ミャンマーナショナルチーム・デ杯代表監督兼コーチ就任
06年    千葉県にて強化チームプロジェクトをスタート(現在も継続中)
       ベトナムハノイ日本人学校で年4回テニス教室を開催中