現在位置の階層

  1. ホーム
  2. キャンパスライフ
  3. クラブ・サークル
  4. 体育会系クラブ
  5. 体育系特別クラブ

イメージ

女子アイスホッケー日本代表の藤本菜々選手

体育系特別クラブは、札幌学院大学内での競技人口が少ないために他の選手との団体を作らない種目について、学生部長が顧問となって選手を応援するためのクラブです。
これまでの所属選手は、女子アイスホッケー、カーリング、フィギュアスケート、モトクロス、乗馬とさまざま。

クラブ・サークル新着情報

(2008年12月04日) 女子アイスホッケー日本代表の藤本菜々さんが学長に帰国報告

イメージ

学長に帰国報告する藤本菜々さん

中国・上海で11月6日〜9日に開催された2010年バンクーバー五輪アイスホッケーの女子最終予選に出場した、藤本菜々(選手名:藤本那菜)さんが12月4日、学長に帰国報告をしました。
ゴールキーパーの藤本さんは、最終予選2日目のノルウェー戦で先発。失点1に抑えて勝利に貢献しました。
最終戦で地元中国と対戦して敗れ、五輪出場を逃したショックは、言葉にならないほどだったそうです。
学長への報告当日は新聞社3社の取材を受け、報告の様子が読売新聞、北海道新聞、スポーツニッポンに掲載されました。
人文学部臨床心理学科に在籍していますが、五輪出場に懸けた今年は休学中。来年4月には復学して競技との両立を目指します。
アイスホッケーでは高校2年で日本代表入りし、全日本女子リーグのAグループ「札幌バッカーズ」に所属。今は1月から予定されている大会に向け、競技の準備を進めています。