主将からのメッセージ

カーリング部

カーリング部

カーリング部は、男子4人、女子4人計8人で2013年度に創部しました。創部当初から全員が世界を目指すという目標を持ち練習に励み、その甲斐あって日本ジュニア選手権大会で男女ともに優勝し、パシフィックアジアジュニア選手権(中国・ハルビン)に出場することができました。今年度は、体力面、精神面、技術面をさらに強化し、大学選手権の優勝、ユニバーシアード日本代表として出場、日本ジュニア選手権を連覇し、パシフィックアジアジュニア選手権、世界ジュニア選手権へ出場を目指しています。将来的には3年後の冬季オリンピックを狙いたいと思います。

基本情報

部員数:9名(男:5名・女:4名)
活動日時:ほぼ毎日
活動場所:トレーニングルーム、どうぎんカーリングスタジアム
部費:5,000円/月  入部金:なし
モットー:世界を目差して日々努力、あいさつはしっかりと

クラブ・サークル新着情報

(2016年12月19日) 日本ジュニアカーリング選手権大会で優勝、世界ジュニアへ

優勝の記念撮影
  11月22日~27日に青森県みちぎんドリームスタジアムで開催された第25回日本ジュニアカーリング選手権大会(日本ジュニア選手権)に北海道ブロック代表として、本学カーリング部(男子1年生)チームが出場し、優勝を勝ち取り、1月にスウェーデンで開催される世界ジュニアカーリング選手権大会Bに出場することになりました。 

 日本ジュニア選手権(男子)には、北海道ブロック3チーム、東北ブロック1チーム、関東・中部ブロック2チーム、西日本ブロック1チーム、開催地推薦チーム1チームの計8チームが、世界ジュニア選手権の日本代表を争いました。 

 予選リーグは、5勝2敗の2位で終えた本学は、決勝トーナメントに進み、準決勝で予選1位の軽井沢ジュニアを破り決勝進出を決めた。準決勝で勝ちあがった軽井沢ジュニアを再び決勝戦で対戦し見事に優勝しました。 

 このあと、1月3日から10日にスウェーデンのエステルスンドで開催される世界ジュニア選手権Bで世界ジュニア選手権の出場をかけ日本代表として挑みます。

皆さんの応援をよろしくお願いいたします

(2016年12月12日) 第7回全日本大学カーリング選手権大会で女子三連覇

表彰式

表彰式

  本年で第7回を迎える全日本大学カーリング選手権大会(12月1日~4日、軽井沢アイスパーク)に三連覇をかけて出場しました。  

  女子は、5チームによる予選リーグが行われ、本学は全勝で予選を通過、2位には3勝1敗の北海道大学、3位は1勝3敗でタイブレイクにより東京農業大学が予選を通過した。4位は1勝3敗でタイブレイクに敗れた札幌国際大学、5位は1勝3敗でDSCにより北見工業大学が予選敗退となりました。

  男子は、7チームがAブロック4チーム、Bブロック3チームで予選リーグを行ないました。Aブロックは、1回戦総当り、Bブロックは2回戦総当りで行なわれ、本学はBブロックを3勝1敗でDSCにより1位で予選通過、2位には北見工業大学が3勝1敗でDSCにより2位で予選通過、秋田大学が予選敗退となりました。Aブロックは、全勝の慶応義塾大学が1位、2位には北海道大学が予選通過、東京農業大学と京都大学が予選敗退となりました。

  準決勝は、女子は北海道大学が東京農業大学破り決勝へ、男子は東京農業大学を破り本学が決勝に進出しました。女子は、予選1位の本学と北海道大学が決勝戦で対戦し、圧倒的大差で本学が三連覇を遂げ、大学日本一に輝きました。男子は慶応義塾大学を破り勝ちすんだ北見工業大学と決勝戦で対戦し、僅差で惜敗し準優勝に終わりました。

(2016年01月22日) 日本選手権出場決定~カーリング部(女子)~

北海道カーリング選手権大会

北海道カーリング選手権大会

  1月13日~17日に妹背牛カーリングホールで開催された第35回北海道カーリング選手権大会(北海道選手権)に道央ブロック代表として、本学カーリング部(女子)チームが出場し、準優勝を勝ち取り、2月に青森で開催される日本カーリング選手権大会に出場することになりました。
 
 北海道選手権大会(女子)には、道央ブロック3チーム、道北ブロック1チーム、オホーツクブロック1チーム、道東ブロック2チームの計8チームの代表で、日本選手権への代表2枠を争いました。
 
 予選リーグは、5勝2敗の3位で終え、決勝トーナメントに進み、準決勝で北見工業大学を破りましたが、決勝戦でヒト・コミュニケーションに惜敗し、準優勝となりました。
 
 このあと、2月6日から13日に青森で開催される日本カーリング選手権に、世界選手権の出場をかけて挑みますので、皆さんの応援をよろしくお願いいたします。
 

(2015年12月07日) 全日本大学カーリング選手権大会男女2連覇!!

全日本大学カーリング選手権大会

全日本大学カーリング選手権大会

  本年で第6回を迎える全日本大学カーリング選手権大会(12月4日~6日、どうぎんカーリングスタジアム)に連覇をかけて出場しました。
 
 女子は、5チームによる予選リーグが行われ、本学は全勝で予選を通過、2位には3勝1敗の東京農業大学、3位は2勝2敗の北海道大学、4位は1勝3敗の帯広畜産大学で予選を通過した。北見工業大学は、4戦全敗で予選敗退となりました。
 
  男子は、7チームがAブロック4チーム、Bブロック3チームで予選リーグを行ないました。Aブロックは、1回戦総当り、Bブロックは2回戦総当りで行なわれ、本学は、Aブロックを全勝で予選通過、2位には帯広畜産大学2勝1敗で予選通過、北海道大学と慶應義塾大学が予選敗退となりました。Bブロックは、全勝の北見工業大学が1位、2位には東京農業大学が予選通過、京都大学が予選敗退となりました。
 
 準決勝は、女子は帯広畜産大学を、男子は東京農業大学を破り決勝に進出し、決勝では、女子は東京農業大学を破り勝ち進んだ北海道大学と、男子は北見工業大学を破り勝ちすんだ帯広畜産大学と対戦し、ともに圧倒した力を示し男女揃って優勝を勝ち得ました。
 
 なお、本大会の結果により、次年度おこわなれるユニバシアード日本代表決定戦の出場権を得ましたので、なお一層の応援をよろしくお願いいたします。
 
(女子)
予選5チームによるリーグ戦
 1位 札幌学院大学(4勝)
 2位 東京農業大学(3勝1敗)
 3位 北海道大学(2勝2敗)
 4位 帯広畜産大学(1勝3敗)
 5位 北見工業大学(4敗):予選敗退
上位4チームにより、トーナメント戦
 準決勝 本   学  7 対 2 帯畜大
 準決勝 北   大 10 対 1 東農大
 決  勝 本   学 13 対 4 北  大
 
(男子)
 7チームが2ブロックでリーグ戦
 Aブロック
 1位 札幌学院大学(3勝)
 2位 帯広畜産大学(2勝1敗)
 3位 北海道大学(1勝2敗):予選敗退
 4位 慶応義塾大学(3敗):予選敗退
Bブロック
 1位 北見工業大学(4勝)
 2位 東京農業大学(2勝2敗)
 3位 京都大学(4敗):予選敗退
ブロック上位2チームにより、トーナメント戦
 準決勝 本    学 11 対 4 東農大
 準決勝 北見工大  7 対 9 帯畜大
 決  勝 本    学  7 対 3 帯畜大
 

(2015年03月13日) ユニバーシアード冬季競技大会出場!

男子試合風景

男子試合風景

 2月4日(木)~14日(土)スペイン・グラナダで開催された、ユニバーシアード冬季競技大会に出場しました。ユニバーシアード冬季競技大会とは、大学生・大学院生のオリンピックとして2年毎に開催される大会です。男女とも、10カ国による予選リーグを戦い、上位4カ国でトーナメントを行い、メダルを争いました。
男子は、予選リーグの初戦スペインに順当に勝ち、波に乗ったものの強豪国に惜敗するなど、予選リーグは3勝6敗で7位となり、予選敗退となりました。
女子試合風景

女子試合風景

女子は、予選リーグ初戦からスイス、カナダなどの強豪国と対戦し勝ちに恵まれず、波に乗れないまま試合が進んでしまいました。徐々に調子が戻り中盤でスペインに大勝し、試合内容が良くなってきましたが、勝ちに恵まれないまま、1勝8敗で予選敗退となりました。
男女とも、初めての世界大会出場という中、十分に力を出し切れなかった部分もありました。一方、強豪国の選手のパワー、精度など、学ぶべき点も多く、今後の目指すべき方向を考える機会となりました。

(2014年11月28日) 全日本大学カーリング選手権大会男女アベック優勝!!

優勝した男女カーリング部

優勝した男女カーリング部

  11月22日~24日で開催された全日本大学カーリング選手権大会(妹背牛)で、本学カーリング部が、男女アベック優勝を収めました。

男子は、予選を5勝0敗で通過し、決勝で北見工業大学を破り全勝で優勝し、女子は、予選を4勝1敗で北大に次ぐ2位で通過したが、決勝で北大を破り優勝しました。

この後、JOCジュニアオリンピックカップ第23回日本ジュニアカーリング選手権大会に出場しますので、応援をお願いします。