現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 経済学部
  4. 学部長あいさつ

経済学部長 山田 智哉

経済は社会生活において身近にあるもので、その考え方、分析能力を学ぶことは大きな意義があります。経済学部では、人材育成教育、教養教育、人間教育に係わる教育目標を掲げ、教育を展開しています。学んだ知識や鍛錬される先を読む力を身につけ、社会人として活躍するよう、望んでいます。そのため、われわれ教職員は、経済学部に入学して有意義な大学生活を送るように支援していきます。

経済学部の特色は次の4点です。

1.コース制を用いた体系的な学修
経済学部には多くの科目を学ぶことができますが、「なりたい自分」を支援するため、コース制をとって体系的な学びを提供しています。「国際経済コース」は国際社会で活動し、社会的貢献する社会人の育成を、「地域経済コース」では、地域社会とりわけ北海道で活動し、地域社会に貢献する社会人の育成を、目指しています。「CUPコース」は、さらに4プログラムから構成されていて、より専門性の高い教育を目指しています。「公共政策プログラム」は公務員養成、「金融(FP)プログラム」はファイナンシャル・プランナー(金融職を希望する学生)の取得、「情報(IT)プログラム」はITパスポート、ウェブデザイナーや知財管理技能士の資格、「社会調査プログラム」は社会調査士の取得、といった専門性の高い資格などの取得を目指しているプログラムを提供しています。

このように目的に応じた学修を支援するためコース制をとっています。

2.職業を意識したプログラム
コース制に基づいた体系的な学修のほかに職業を意識した講義を行っています。経済学部では「大学時代に一人最低一資格」として、資格の取得を支援しています。ビジネス演習Aではジョブパスの内容を学び、全員が検定を受検しています。さらに、コンピュータ関連の資格、ファイナンシャル・プランナー、社会調査士、統計検定など多くの資格にも対応しています。また、ビジネス演習Bでは社会人としての基礎知識を身につけていきます。

このようにスキルの高い社会人を意識した科目を用意しています。

3.国内外へのフィールドワーク
大学内で学ぶ以外に学外でもさまざまな活動をしています。「国際経済コース」では、海外に赴き国際感覚に肌で触れる「海外フィールドワーク」という科目を複数用意しています。「地域経済コース」では2年次のゼミナールで地域実習を行うとともに、3年次では産業調査演習、ゼミナールごとのフィールドワークを行っています。

このように経済学部では実際の経済に肌で触れる講義科目を用意しています。

4.4年間一貫したゼミナール教育
重要な科目の一つにゼミナール(ゼミ)があります。経済学部のゼミは、テーマを定めて、報告し、議論する授業です。1年生から4年生まで学生の興味・関心とテーマに沿って、ゼミを選択し、教員と共に、その領域の勉強を深めています。ゼミで報告する際にどのようにして調べるのか、どのように相手に伝えるのか、疑問を持ちそれを解決することによりさらに知識を深めることを養うことができる。知的好奇心を満すとともに、コミュニケーション力や社会人基礎力を高めています。また、学生個人と向き合い、修学、生活、就職とさまざまな相談を受けています。

このように、経済学部では一人ひとりに対して4年間指導をしていきます。

札幌学院大学経済学部で経済学を修め、教養と人間性に満ちた人材として地域社会あるいは国際社会で伸び伸びと活躍しませんか。