現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 経済学部
  4. 経済学科
  5. 学科概要

学科が独自で運営するサイトはこちら

経済学科とは

デフレ経済やグローバリズムの深層に迫る

講義風景
経済学は、生産や消費、地球環境も含めた市場経済の仕組みを、現代社会の存立条件のなかでどう合理的に確保するのか、その意義と制約を切り結ぶ学問。デフレ経済・グローバリズム・環境問題など、転換期に特有な経済問題の深層に迫ります。

時代に的確に対応できる専門的職業人を養成

1年次から4年次まで一貫して行われるゼミナールでは、たえず自らの問題意識が問われます。並行して、学年進行に伴う「入門科目群」、「基礎科目群」を通して基礎学力を磨きながら、「地域・国際科目群」と「企業・政府科目群」の2つのアプローチに分かれ、国や地域、政府とその政策、あるいは産業や企業を対象とする専門性の向上にまい進します。
学びのイメージ
1年次 2年次 3年次 4年次
プロ・ゼミナール 専門ゼミナールⅠ 専門ゼミナールⅡ 専門ゼミナールⅢ
卒業論文
入門的・基礎的な
経済学の基本修得
現状分析と
応用能力の鍛練
地域・国際研究
(国際・地域)
経済分析の
総合能力の修得
企業・政府研究
(産業・企業・政府・政策)

SGUのオリジナリティあふれる内容

不況下においても高い就職率を維持

社会人として必要なコモンセンスを磨き、生産や流通における人と人との関係を科学的に学ぶことで、流通分野や金融分野などの業種への就職が開かれます。本学科では、全内定者の大半が卸・小売業や金融・保険業などの第3次産業であることが特徴となっています。

[ 地域・国際社会へ貢献できる人材育成 ]

現代社会の経済構造の変化に応えるために「地域・国際科目群」「企業・政府科目群」を配置し、専門性の向上と実践的能力を開発。国際、地域、産業、金融、政府、情報分野の素養と実践的能力、さらには豊かな教養を身につけ、自らの政策課題をもって地域社会および国際社会で活躍できる人材の育成がカリキュラムの目的です。

[ 4年間の充実したゼミナール教育 ]

1年次から4年次までの充実したゼミナール教育が本学科の特徴。1年次クラスを兼ねたプロ・ゼミナールでは、現代社会研究の基本を学び、レポートを作成。2年次の専門ゼミナールⅠでは関心分野を選択、3・4年次の専門ゼミナールⅡ・Ⅲでは討議を通して分析手法や論理展開、自己表現能力を磨いていきます(4年間一貫した課題を追究することも可能)。この経験は、実社会に出たときに大きな武器となります。

[ 生きた経済を肌で学ぶフィールドワーク ]

講義風景
刻々と変化する経済の実態を知ることは経済学を学ぶうえで不可欠です。地域経済論や産業調査演習では、対象とする市町村に出かけて フィールドワークを実施。役場や各種団体、企業、商店街などでの聞き取り調査をはじめとするさまざまな活動を展開しています。こうした活動を通して、実際の経済動向を見渡す理論の構築や解決策の提案を学び、実際の社会でそれらを生かす実践的能力を身に付けていきます。