現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 入試情報
  3. 奨学金・奨励金など

本学では、学問への強い意欲を持ちながら経済的理由により修学に困難がある人をサポートする奨学金制度をはじめとして、課外活動や留学などを支援する奨励金制度も充実しています。

成績優秀者奨学金(学業特待奨励金)

申請資格/札幌学院大学に入学を許可された者で、推薦入試公募制総合(指定校希望者を含む)または、一般入学試験もしくは大学入試センター試験利用入学試験で特に優れた成績の者に対し、本人の一層の活躍と本学の学修活動全体の活性化に寄与されることが期待され、採用基準に該当する者。

対象/2016年度以降入学生

※課外活動特待奨励金制度に基づく奨励金の受給と併用することはできません。

注) 教育充実費及び諸経費については、給付の対象となりません。

対 象 種 類 基 準 等 給付額等
推薦入試公募制総合(指定校希望者含む)もしくは、一般入試または大学入試センター試験利用入試で、特に優れた成績で合格し、入学する者
第一種
(給付)
一般・センター利用入試科目3科目の得点率が80%以上

1年次の年間授業料
一般・センター利用入試科目2科目の得点率が85%以上
推薦入試公募制総合(指定校希望者含む)の得点率が90%以上
第二種
(給付)
 一般・センター利用入試科目3科目の得点率が75%~80%未満

1年次の前期授業料
 
 一般・センター利用入試科目2科目の得点率が80%~85%未満
 推薦入試公募制総合(指定校希望者含む)の得点率が80~90%未満
給付  各学科2年次から4年次の前年度の成績(GPA)が最高位の学生
各1名
 
 
当該学年の半期授業料

札幌学院大学経済援助奨学金

【札幌学院大学経済援助奨学金】

給付期間 1年間
給付金額 年間授業料の半額、または半期授業料の半額
給付方法 1回(7月)もしくは2回(7月・10月)に分けて、本人名義の銀行口座へ振り込み
(学費未納の場合は補填となります)

注) 教育充実費及び諸経費については、免除の対象となりません。

資格取得者奨学金

対象/2016年度以降入学生
  基準(資格種類) 給付額 証明書類




入学生
(1) 日本英語検定協会実用英語技能検定試験準1級、またはTOEICスコア740点以上
(2) 日本商工会議所簿記検定試験1級
(3) 全国経理教育協会簿記能力検定上級
(4) 応用情報技術者試験
 
入学金及び
1年次の授業料
 
・いずれか検定試験の合格証書の写し1部
・TOEICの場合は公式認定証
 
(1)日本英語検定協会実用英語技能検定試験2級
(2)日本商工会議所簿記検定試験2級
(3)全国商業高等学校協会簿記実務検定試験1級
(「会計」と「原価計算」)
(4)全国経理教育協会簿記能力検定試験1級
(「会計」と「工業簿記」)
(5)基本情報技術者試験
 
 入学金  ・いずれか検定試験の合格証書の写し1部




学生
(1) 日本英語検定協会実用英語技能検定試験1級
またはTOEICスコア900点以上
(2) 日本英語検定協会実用英語技能検定試験準1級
またはTOEICスコア740点以上
(3) 日本商工会議所簿記検定試験1級
(4) 全国経理教育協会簿記能力検定上級
(5)行政書士
(6)応用情報技術者試験
(7)司法書士
(8)社会保険労務士
 
 年間授業料の
半額
 
 ・いずれか検定試験の合格証書の写し1部
・TOEICの場合は公式認定証
 

注) 教育充実費及び諸経費については、免除・返還の対象となりません。

課外活動特待奨励金制度

■対象/2016年度以降入学生
■ 申請資格
スポーツ特待生、文化特待生とも下記の3条件を全て満たす
入学予定者が対象となります。

<スポーツ特待生>
① AO入試、推薦入試による合格者。
②入学後本学の公認クラブに所属し、継続して活動すること。
③活動歴が下記の採用基準に該当すること。

制度 種類 採用基準
札幌学院大学課外活動特待奨励金 第一種 ・オリンピック、国際大会(世界選手権大会、ワールドカップ等)に日本代表として選出された者。
・特別強化クラブの特待選手で特に優秀者として選考された者。※1
 
第二種 特別強化クラブの特待選手として選考された者。※1
第三種 高校生の全日本大会の個人種目で8位以上に入賞した者又は団体種目3位以上に入賞した登録選手の者、及び一般の全日本大会の個人種目で16位以上に入賞した者、又は、団体種目8位以上に入賞した登録選手の者。
第四種 全国大会に出場した者。ただし、団体競技の場合はレギュラークラスに登録された者。
第五種 都道府県大会などにおいて優れた成果をおさめた者。

※1 特別強化クラブ・・カーリング部 陸上競技部 ソフトテニス部 弓道部 硬式野球部

<文化特待生>
① AO入試、推薦入試による合格者。
②入学後本学の公認クラブに所属し、継続して活動すること。
③活動歴が上記の採用基準に該当すること。

■ 特待奨励金の給付額・採用期間
制度 種類 給付金 採用期間
札幌学院大学課外活動特待奨励金 第一種 授業料の全額免除 在学期間
(最大4年)※2
 
第二種 授業料の半額免除
第三種 1年次授業料の半額免除 1年間
第四種 入学金の全額免除 入学時
第五種 入学金の半額免除 入学時
※2 毎年の学業成績、在籍クラブの活動状況を審査して授業料を全額(第1種)または
半額(第2種)免除する。 (第1種および第2種特待生に限定)

※課外活動特待奨励生第一種および第二種の対象となる者は、毎年の学業成績、在籍クラブの活動状況を審査して次年度以降の授業料を全額または半額を免除する。(最大4年)
注) 教育充実費及び諸経費については、免除の対象となりません。

日本学生支援機構奨学金【第一種】

貸与月額 (自宅生)30,000円、54,000円のいずれかを選択
(自宅外生)30,000円、64,000円のいずれかを選択  
利子   無
貸与期間  貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限
※毎年「継続願」の提出と学業成績の審査があります。
貸与方法   原則として月1回、本人の銀行口座に振り込み
返還方法   採用時に「返還誓約書」を提出し、卒業後、月賦もしくは月賦・半年賦併用で20年以内に返還

日本学生支援機構奨学金【第二種】

貸与月額 30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から選択
利子 有(年利率上限3%として変動)
※1)利率固定方式、2)利率見直し方式のいずれかを選択
貸与期間 貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限
※毎年「継続願」の提出と学業成績の審査があります。
貸与方法 原則として月1回、本人の銀行口座に振り込み
返還方法 採用時に「返還誓約書」を提出し、卒業後、月賦もしくは月賦・半年賦併用で20年以内に返還

その他の奨学金・奨励金制度一覧

家計急変・災害等【学生支援課】
日本学生支援機構緊急採用(第一種)奨学金
日本学生支援機構応急採用(第二種)奨学金
札幌学院大学家計急変奨学金
札幌学院大学災害等特別奨学金
学生生活援助基金(一時的な貸与)

外国人留学生【学生支援課】
日本学生支援機構私費外国人留学生学習奨励費
札幌学院大学私費外国人留学生奨学金
札幌学院大学私費外国人留学生授業料減免

正課・留学を奨励する奨学金【教育支援課】
調査実習奨励金
インター・ゼミ等への参加奨励金
外国留学奨励金(全学部学生対象)
外国留学奨学金(英語英米文学科生対象)
正課・ゼミナール等海外研修奨励金
韓国交流校学生派遣奨励金(東國大學校・東亜大學校)

課外活動を奨励する奨学金【学生支援課】
課外活動奨励金(スポーツ・文化)

国の教育ローン

日本政策金融公庫 国民生活事業(旧 国民生活金融公庫)

大学入学時・在学中にかかる諸費用を対象に保護者に融資する制度です。学生1人につき300万円以内を低利(2.35%、母子家庭の方は年1.95%、2012年10月1日現在)で利用でき、在学期間内の元本据え置きができます。
詳しくは下記の教育ローンコールセンターへお問い合わせください。
*教育ローンコールセンター 0570-008656(ナビダイヤル)
月〜金)9:00〜21:00、土)9:00〜17:00 上記番号が利用できない場合 03-5321-8656

オリコ「学費サポートプラン」

本学では、(株)オリエントコーポレーション(以下「オリコ」という。)との提携により入学生及び在学生を対象とした「学費サポートプラン」を導入しております。

「学費サポートプラン」は申込者(学費負担者)の入学金・授業料・教育充実費などの学納金をオリコが大学に立て替え、申込者がオリコに毎月分割で返済をしていただく制度です。支払い方法は通常返済のほか、在学中は分納手数料のみを納付するステップアップ返済など多様な選択が可能です。


サイド・メニュー