【2014年11月10日】 法学部特別講演会のご案内

2014年度法学部特別講演会「カップル・出生の多様化と法的保護の再検討」開催のお知らせ

 20141110日(月)の3講時(1300分 - 1440分)に本学D202号教室にて札幌学院大学法学部特別講演会を開催します。

家族の多様化がいわれる現代社会において、家族を巡る法状況は国内外問わず大きく変化している。諸外国の同性婚・パートナーシップ関係の法制化と国内の婚姻法への議論、生殖医療やDNA鑑定等、科学技術の発達による法的親子関係の位置づけにつき、大きな影響をうかがい知ることができる。

本講演会では、カップル関係と出生の多様化に注目し、法的保護のあり方を、諸外国の法制度の動向や親子関係に関する近時の最高裁判所の判決をもとに再検討する。講師には、渡邉泰彦教授(京都産業大学法科大学院)「『夫・妻・父・母・男・女』組合せは?」、羽生香織准教授(上智大学法学部)「法が示す親子とは?」の2名をお招きします。

入場無料・事前予約不要で、どなた様でも聴講することができますので、多くの方のご来場をお待ちしております。なお、聴講にいらっしゃる際は、公共交通機関をご利用下さいますようご協力願います。

イベント詳細

開催日時

2014年11月10日(月曜日) 13時10分 〜14時40分

開催場所

札幌学院大学 D202番教室(D館2階)
江別市文京台11番地

対象者

学生および一般市民

参加費

聴講料無料、事前申込み不要です。直接会場にお越し下さい。
お問い合わせ先
教務課法学部係
  • 住所:江別市文京台11番地
  • 電話番号:011-386-8111(内線3226, 3214)
  • ファックス番号:011-386-8113

最終更新日:2014年11月06日