【2015年12月05日】 【特別講演会】AKB48グループで社会科学する

【特別講演会】AKB48グループで社会科学する


   AKB48が「すべての論点を包括する論点」とは何か—
    新しい共同性の誕生とは何か—
     サブカルチャーの可能性はどこにあるか—

   私たちは現代の変化の中に
   何を見出しているのか。
   サブカルチャーやAKBを通じて
   包括的な論点を展示している若手論客、
   宇野常寛は何を語るのか———

  これは討論というよりも闘論のための2時間である。
  
  AKB48は社会の何を変えたのか


AKB48グループで社会科学する

講師紹介

[ プロフィール ] 宇野 常寛 氏
1978年生まれ 青森生まれ、函館育ち、立命館大学卒
企画ユニット「第二次惑星開発委員会」主宰
批判雑誌『PLANETS』編集長

雑誌PLANETS編集長として雑誌を編集、出版社を経営するとともに日本テレビ系ワイドショー『スッキリ!!』のレギュラーコメンテーター。AKB48グループ関連の企画では番組コメンテーター・討論者として継続的に出演。ラジオではオールナイトニッポンZERO、THE HANGOUT月曜パーソナリティなど。インターネット『ニコ生PLANETS』企画、出演
著書
『ゼロ年代の想像力』(早川書房、2008年)のち文庫
『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎、2011年)のち文庫
(文庫版用にあとがき約1万字を新規収録。解説は作家の川上 弘美)
『日本文化の論点』(ちくま新書、2013年)
『原子爆弾とジョーカーなき世界』(メディアファクトリー、2013年)他多数

チラシはこちら

イベント詳細

開催日時

2015年12月05日(土曜日) 15時00分 〜18時00分

開催場所

本学B101教室

対象者

どなたでもご参加できます。

参加費

無料

その他

申込不要(当日、直接教室にお越し下さい。)
お問い合わせ先
図書課研究支援係
  • 電話番号:011-386-8111(代表)

最終更新日:2015年11月19日