【2016年11月19日】 心理臨床センター市民講座2016「子育てと共育て」

【11月19日開催】第7回 心理臨床センター市民講座2016「子育てと共育て」

町の中はいつのまにか不安に満ちあふれています。メディアが全国からかき集めるコワいニュース、たとえば、いじめ、自殺、少年非行、貧困、障がい、引きこもり・・・、たくさんの情報にさらされて、知らず知らずのうちに地域はずいぶん心配性になりました。そんな社会の中で育つ子どもは今、どんな様子なのでしょう?そして、子育てをする大人はどんな風なのでしょう?今年の札幌学院大学心理臨床センター市民講座では、子どもたちや若者が健康に育つために、ごくごくあたり前の子育ての良さを思い出したり、子どもの姿をいくつかの視点で捉え直したり、配慮のポイントを一緒に共有したりと、そんな集まりになることを願って開催します。子どもや若者の幸せを思い描くことは、地域の大人の幸せでもあるはずです。たくさんの方々のお申し込みをお待ちしております。

【11月19日開催】第2回 若者文化—オタク文化の臨床心理学—
■開催日時:2016年11月19日(土) 9時30分 〜12時00分
■開催場所:かでる2・7(札幌市中央区北2西7)1060会議室
■対象:対人援助専門職に従事しておられる方(心理・教育・医療・福祉関係など)
■定員:50名
心理臨床センター市民講座

講演内容

「大学生とオタク文化—学生相談から—」
斉藤 美香氏(北海道大学保健センター講師)
「進撃系アニメと若者の不安」
村澤 和多里(本学臨床心理学研究科教授)

申込方法

申込締切は、過ぎておりますが若干お席に余裕があります。
参加希望の方は、右記QRコードよりお申込ください。
※定員に達した場合、お断りする場合がございます。ご了承ください。

お申込はこちら

お申込はこちら

  • ポスター

イベント詳細

開催日時

2016年11月19日(土曜日) 09時30分 〜12時00分
(受付 9:15~)

開催場所

かでる2・7(札幌市中央区北2 西7)1060 会議室 

対象者

対人援助専門職に従事しておられる方(心理・教育・医療・福祉関係など)

参加費

無料・要予約(上記QRコードからお申し込みください)

その他

定員:50名

最終更新日:2016年11月10日