【2017年11月30日】 【Collaboration Center】第8回SGU Lunch Time Talk

第8回 SGU Lunch Time Talk

SGU Lunch Time Talkタイトルロゴ
コラボレーションセンター主催のイベントの一つといたしまして、「SGU Lunch Time Talk」を、開催いたします。
SGU Lunch Time Talkとは、札幌学院大学Collaboration Centerのエントランス(C館2階)にて開催する教職員が伝えたいトピックを話す企画です。

ここで扱われるテーマは、教員の研究テーマはもちろんですが、研究から派生したトピックや、教職員が関心を持って取り組んでいること、学生に是非伝えたいこと、など多様なテーマを取り上げます。
「他の学科にどんな研究を行っている先生がいるのか」、「自分の所属する学科をこえて、興味や関心を広げたい」と感じている学生、「札幌学院大学にはどんなことを研究している教員がいるのか」という地域の方々は、是非ご参加ください。

イベント詳細

開催日時

2017年11月30日(木曜日) 12時30分 〜13時00分
テーマ:「?と思う心」
話し手:檜山 純 (経営学部会計ファイナンス学科准教授)

生まれたときから情報があふれている時代では,説明を鵜呑みにしないこと,嘘を嘘と見抜けることが重要になってきます。 財務諸表監査においても,会計不正や粉飾決算を見逃さないために,「職業的懐疑心」が求められています。粉飾というと,悪い経営者が私腹を肥やしているように思うかもしれませんが,会社を存続させるためにしかたなく不正を行うこともよくあります。その場合,組織ぐるみで監査人をだましにかかりますから,会社の説明を鵜のみにせず,?と思い続けることが監査人に求められているのです。懐疑心の保持は,21世紀に入り,より強調されています。もっとも,あの会社は不正をしているに決まっている!と猜疑心を発揮するのは違います。すぐに見破られる粉飾,センスのよい粉飾,限りなくブラックに近いけれど粉飾にならない例など,会計不正今昔物語の一端をお話ししたいと思います。

開催場所

札幌学院大学 C館2階 Collaboration Center エントランス
(北海道江別市文京台11番地)

エントランス写真

対象者

誰でも参加OK
・本学在学生(留学生含む)
・本学周辺にお住まいのみなさま
・本学教職員

その他


お問い合わせ先
札幌学院大学コラボレーションセンター(担当事務局:学生支援課学生支援係)
  • 住所:〒069-8555 江別市文京台11番地
  • メールアドレス:collaboration@sgu.ac.jp
  • 電話番号:011-375-8567
  • ファックス番号:011-386-8190

最終更新日:2017年11月17日