法学部とは

About

法学を中心に、政治学・経済学・社会学・情報学など多様な学問領域を広く学ぶことができるのが法学部です。それによって学力と就業力を一段とアップさせ、民間企業への就職や公務員試験の合格を目指します。元自治体首長、警察OB、消防OB、道庁OBがサポートします。

学部長あいさつ

Topics Information

法を学んで人生を闘う力を身につけましょう!

法学部長 岡田 久美子

法学部で学ぶこと

Learning at Faculty

法学部では「学力」と「社会人基礎力」を育成します。 法学の専門科目に加えて、自治体や非営利団体と連携し地域活動を体験する科目などがあります。法学部が公務員採用試験に強いのは、1年次からの学部教育に「戦略」と「一貫した取り組み」があるからです。

  • Learning01
    法学
    法学の修得を通じて、社会の諸問題に対する客観的な認識能力を育成します。
  • Learning02
    地域社会
    政治学・社会学を通じ、地域社会の問題を発見し解決する行動力を育成します。
  • Learning03
    公務員採用試験対策
    8科目の試験対策に加え、各分野の公務員OBの授業と模擬面接があります。
  • Learning04
    法科大学院対策
    法律学をより深く学びたい人のために、法科大学院試験対策科目もあります。
  • Learning05
    インターンシップ
    ボランティア活動、企業インターンシップに加え、毎年、海外研修もあります。
  • Learning06
    実践的「公共」教育
    公共的な教育実践として模擬裁判、模擬選挙や期日前投票への協力もあります。
法律学科には3つのコースがあります。
3つのコースを導入した理由は、法学部生の皆さんが同じように法律学を学びたいわけではないということにあります。法律の専門家になりたい人もいれば、公務員や民間企業を志望する人も少なくありません。そのため、皆さんの進路の志望に即した教育を行うために3つのコースを設けました。 法をより深く学びたい人には法律学の専門科目を積み上げたアドバンストコースがあり、公務員や民間企業に進みたい人にはスタンダードコース、資格取得などが盛り込まれたCUP(キャリアアッププログラム)コースがあります。
法律学を中心に学際的な知識とスキルを学び、
社会で求められる実践力を育成
法律学にとどまらず、幅広く他領域の専門分野も学ぶことによって、複雑化しグローバル化する現代社会に対する認識と実践力を育成します。自分の将来の進路に向けて、学びの選択肢が広がりました。