経営学部

Faculty of Business Administration

学部長あいさつ

Topics Information

常に変化する現場ニーズに応える経営学部

経営学部長 玉山 和夫

経営学部で学ぶこと

Learning at Faculty

経営は、「会社」が人々の生活を豊かにするために行うものです。 会社に必要なのは、ものやサービスを作ったり売ったりする「経営」、その経営内容を数字でチェックする「会計」、お金を管理運用する「ファイナンス」です。だから、経営学部では、資格に挑戦したりフィールドに出て学ぶことで、実務に強い実践的なビジネス・パーソンを育てて行きます。

  • Learning01
    会計学
    会社などの活動を数字で記述する学問です
  • Learning02
    ファイナンス
    どこからどうやってお金を調達するか、どうやってお金を運用するかを考える学問です。
  • Learning03
    経営学
    会社や組織を効率よく運営するための学問です。
会計とファイナンスの融合(会計ファイナンス学科)
会計ファイナンス学科は、会計とファイナンスの2つの領域にまたがる幅広い知識を持った人材を育成します。 今日の会計制度の変化、企業経営のあり方の変化と密接に結びついており、特に金融領域の変容が大きな影響を及ぼしています。そのため、会計とファイナンス両領域の知識を合わせ持つ人材が求められています。 会計とファイナンス─この2つの領域を体系的に学ぶことができる科目群を配置することで、専門的でフレキシブルなスキルを持った人材を育成します。
社会人としての生命力の育成を重視(経営学科)
現代の社会人に求められているのは、上司に言われたことを黙々とこなしていくというタイプではありません。自ら問題を発見し、その問題を解決できる能力が問われています。経営学科はその問題発見および解決能力を養う、ビジネスシーンに適応したカリキュラム編成となっています。「ITコーディネート論」「ITソリューション論」「メディア応用論」「リスクマネジメント論」などを積極的に取り入れ、社会人としての生命力の育成に取り組みます。
“one to one”の少人数ゼミナール教育を重視(経営学科)
1年次の「基礎ゼミナール」の後、2年次の「専門ゼミナール」、3年次から4年次までの「応用ゼミナール」および「卒業論文」という少人数のゼミナールを設置しています。担当教員の専門性に沿って、学生がテーマを持ち学習を深めることができます。