カリキュラム

Curriculum

専門科目群は、3グループから構成されています。

(1)新入生のための、経済学を学ぶ動機づけや、経済学習の基礎についての手ほどきをねらいとした「導入科目群」と、2年生以降のコース選択を動機付ける「初年次科目群」
(2)経済学の専門的な基礎力を涵養することを目的とし、経済分析に必要な主要科目を学ぶための「専門基礎科目群」
(3)現状分析と応用力の修得に向け、「専門基礎科目群」で鍛錬された経済、法律、情報の基礎力を前提として、さらに専門性を向上させるための「コース科目群」です。

経済学科には、「国際経済コース」、「地域経済コース」、「キャリア・アップ・プログラム(CUP)コース」があり、さらに、キャリア・アップ・プログラム(CUP)コースは「公共政策(公務員養成)プログラム」、「金融(FP)プログラム」、「情報(IT)プログラム」、「社会調査プログラム」に分かれています。コース科目群はそれぞれのコース・プログラムに適した科目を配置しています。

これらの科目は、それぞれの目的に応じて、「導入科目群」、「初年次科目群」は1年次、「専門基礎科目群」は1~3年次、「コース科目群」は2~4年次に配当されています。

  • 1年次
    経済学を学ぶ動機づけを行うとともに、経済学の基礎を学びます。また、プロ・ゼミナールでは、大学における学びを身につけます。そのほか、社会人基礎力を身につけるため、英語、論述作文、コンピュータ基礎といった科目を学びます。さらに、ビジネス演習Aではビジネス・マナーを学び、全員がビジネス能力検定3級を受検します。
  • 2年次
    経済学の専門的な基礎力を涵養することを目的として、経済分析に必要な主要科目を中心に学びます。このような学びから経済学の思考力を磨いていきます。また、2年次から専門ゼミナールは選択制をとっていて、興味のあるゼミナールに所属し、その分野の基礎を学びます。
  • 3年次
    3コース(国際経済コース・地域経済コース・CUPコース)に分かれ、現状分析と応用力の修得に向けそれぞれのコースにあった専門性を向上させるための科目を学びます。専門ゼミナールは2年生から引き続き学び、討議を通して分析手法や論理展開、自己表現能力を磨いていきます(4年間一貫した課題を追究することも可能)。
  • 4年次
    大学の学びの集大成として、卒論指導を多くの学生が履修し、卒業論文を作成します。さらに卒業論文を提出した学生は卒論発表会を行い、発信力も磨いていきます。この経験は、実社会に出たときに大きな武器となります。

カリキュラムファイル/
経済学科 専門科目

2018年度入学生向けカリキュラム
別年度のカリキュラム