• 浅川 雅己

    Asakawa Masami

    【研究分野】

    ・資本主義社会
    ・生活様式
    ・アソシエーション社会
    【お薦めの1冊】
    「一揆を指導して最後まで信長の権力に抵抗した一代の怪物影丸も、ついに捕らえられ、八つ裂きの刑に散った!!だが、その刑死に先立って影丸の遺した言葉は何を意味するのか!?“われらは遠くより来た。そして遠くまでいくのだ…”」(白土三平『忍者武芸帳〈影丸伝〉』小学館 [長編漫画])。「われら」とは?「遠くより来」て「遠くまでいく」とは?皆さんも、この作品を読んで影丸が残した言葉の意味を考えてみてください。
  • 井上 仁

    Inoue HItoshi

    【研究分野】

    ・金融論
    ・応用計量経済学
    【メッセージ】
    データを用いて銀行行動や金融政策について研究しています。データは何を語るのか?データから何がわかるのか?分析を進めるうちに少しずつ霧が晴れるように真実が見えてくる瞬間は快感です。大学4年間はあっという間に過ぎ去ります。有意義な大学生活を送って,将来にかかっている霧を吹き飛ばそう!
  • 大國 充彦

    Okuni Atsuhiko

    【研究分野】

    ・地域再生、戦後北海道の社会調査
  • 鏡味 秋平

    Kagami Shuhei

    【研究分野】

    ・中国経済のマクロ分析
  • 片山 一義

    Katayama Kazuyoshi

    【研究分野】

    ・社会政策
    ・労働史
    ・移民史
    【お薦めの一冊】
    ユウジ・イチオカ『一世: 黎明期アメリカ移民の物語り』刀水書房,1992年。
    日本人一世のアメリカ移民史について,アメリカ人が書いた研究書のうち,最も優れた研究書です。
  • 金盛 直茂

    Kanamori Naoshige

    【研究分野】

    ・経済成長論
    ・公共経済学
    ・財政学
    【お薦めの一冊】
    『貧困の終焉—2025年までに世界を変える』ジェフリー・サックス(著) 早川書房
    世界の貧困をなくすためには経済学は何ができるだろう?まずはこの本を読んでください。
    そして、大学卒業までにあなたなりの処方箋を提示できるように、4年間学んでください。
  • 久保田 義弘

    Kubota Yoshihiro

    【研究分野】

    ・マクロ経済学
    ・金融論
    ・ゲーム理論
    【研究紹介】
    高校教科書「政治・経済」における経済の分野です。現代経済の仕組みと国民生活の関係,財政の仕組みと財政赤字について,資金循環と金融(機関)の働きについて,あるいは国民所得と経済変動などについて研究しています。
  • 小池 英勝

    Koike Hidekatsu

    【研究分野】

    ・ソフトウェア工学
    【研究紹介】
    「正しく効率的なプログラムを開発する」:現代社会はコンピュータなしには成り立たなくなっています。誰もが安心してコンピュータを使うには、高速かつ正しく動作するプログラムが重要です。ほとんどの人が、当たり前にできると考えているのではないでしょうか。しかし、科学的には、まだ謎だらけです。この研究では、プログラムの正しさを保証し、それと同時に、高速化しようとします。
  • 佐藤 和洋

    Sato Kazuhiro

    【研究分野】

    ・データベースシステム工学
    ・感性情報学
    ・医療情報学
    【お薦めの一冊】
    齊藤 茂太 著:「心の掃除」の上手い人下手な人(集英社文庫)(精神科医であり随筆家でもあるモタ先生の日常におけるものの見方や考え方に関する優しい(易しい)言葉の数々が、迷い悩める者に日々のあり方を示し背中を押してくれるはず)
    「学生へ一言」”己の今”を”過去”で語るな、”未来”で語れ。
  • 白石 英才

    Shiraishi Hidetoshi

    【研究分野】

    ・言語学
    ・音韻論
    ・ニヴフ語学
    【お薦めの一冊】
    『真田太平記』池波正太郎著、1987-1988新潮文庫。信州(長野県)上田の小大名真田一族が主家の武田氏の滅亡後に北条、上杉、徳川といった大大名に囲まれながらも領国を守り抜く歴史ドラマ。明治維新まで生き抜く真田一族のしぶとさの秘密は「草の者」と呼ばれる忍びがもたらす高度な情報を活用した権謀術数の数々。小が大をやりこめる模様は読んでいて痛快です。
  • 高田 洋

    Takada Hiroshi

    【研究分野】

    ・数理・計量社会学
    ・社会調査法
    ・公共性と社会階層
    【メッセージ】
    大人を信用するな
  • 高橋 寛人

    Takahashi Hiroto

    【研究分野】

    ・国際経済学
    ・理論経済学
    【メッセージ】
    大学で過ごす4年間は思ったよりあっという間に過ぎてしまいます。その中で限られた時間とお金をうまく使うこと、数え切れないほどある「メンドクサイ」の中からなるべく多くの「面白い」を見つけ出すことに気をつけてみてください。大学生活のだけでなく、大学を卒業してからの長い人生でも重要になることです。もちろん、しっかり勉強することも忘れないでください。
  • 土居 直史

    Doi Naoshi

    【研究分野】

    ・応用ミクロ経済学
    ・実証産業組織論
    【お薦めの一冊】
    お薦めの本は『砂漠』(伊坂幸太郎著)です。メインの登場人物5人が大学生なので、自分や友達を重ね合わせながら読むことができると思います。それぞれ魅力的に描かれていますが、中でも面白いのは西嶋君です。自分1人が何をしても無駄に思えるような大きな社会問題などに対しても、正解かどうかは分からないとしても、とりあえず自分のできることをやるという行動力が清々しいです。ぜひ読んでみてください。
  • 中村 永友

    Nakamura Nagatomo

    【研究分野】

    ・統計科学
    【メッセージ】
    どんなことにも一生懸命取り組むことが大切です。それを通して自分を見つめることも重要です。これらを通して自分がどれだけ成長したか確認するのが大学の場です。
  • 早田 和弥

    Hayata Kazuya

    【研究分野】

    ・物理学
    【研究紹介】
    ・ユング心理学の基盤概念で有るマンダラ象徴の幾何学的並びに美学的意義を追究しています。
    ・独自に考案したスパイラル・マッピング法に拠りマンダラ描画法の高精細化に向け不断の努力を傾けています。形態解析に於いてはシャノンの情報エントロピー及びシンプソンの多様度指数を用いています。
  • 平澤 亨輔

    Hirasawa Kousuke

    【研究分野】

    ・都市経済学
    ・地域経済学
    【メッセージ】
    勉強ばかりでなく、探究心を持って、いろいろなところでいろいろな体験をしてほしい。
  • 森田 彦

    Morita Hiko

    【研究分野】

    ・原子核物理学
    ・プログラミング教育
    【研究紹介】
    原子核のような小さな世界を支配する量子力学の方程式を、コンピュータを利用して解くことで、核内で陽子や中性子がどのような振る舞いをしているのかを明らかにする研究を進めています。一般の人から見ると、縁遠い世界ですが、宇宙の始まりであるビッグバンの後でどのようにして種々の原子核が形成されたか、という宇宙の起源の理解や、今問題になっている放射性廃棄物を効果的に処理する方法の開発につながって来る研究です。
  • 森 邦恵

    Mori Kunie

    【研究分野】

    ・応用ミクロ経済分析
    ・消費者行動
    【メッセージ】
    経済学は、遠い世界の話ではなく、私たちの身近にある活動を分析する学問です。他者を知り、自分自身を知るためにも、客観的・多角的視点が身につくこの学問を是非学んでください。周囲の人間関係や自分の可能性について、新たな発見があると思います。学生の皆さんが経済学を習得することで、何かしらの「生きづらさ」から少しでも解放されることを願っています。
  • 山崎 慎吾

    Yamazaki Shingo

    【研究分野】

    ・地方財政論
    ・公共財の自発的供給
    ・政治的行動
    【研究紹介】
    私は中央政府や地方政府の財政活動とその決定プロセスを研究しています。みなさんはなぜ政府が活動しなければいけないか考えたことはあるでしょうか。なぜ政府は財政赤字なのにお金を使うのだろう?財政赤字なのに法人税を下げるのは何故だろう?誰がどのように税率などを決めているのだろう?という疑問を持ったことはあるでしょうか。私はこういった疑問について研究しています。皆さんも一緒に考えてみましょう。
  • 山田 智哉

    Yamada Tomoya

    【研究分野】

    ・統計学(多変量解析、漸近分布論、欠損値の取り扱い方)
    【メッセージ】
    「なせばなる」我々にとって大事なことは何事にもチャレンジする気持ちです。できそうもないなどとあきらめていては何もできないのです。できないことも毎日の努力を積み重ねることによってできるように近づいていきます。結果を恐れずに「なせばなる」の精神で様々なことにチャレンジしてください。そして今を楽しんでください
  • 湯川 郁子

    Yukawa Ikuko

    【研究分野】

    ・日本近代史
    【メッセージ】
    大学という「時」と「場」を大切に、大学生活を送って下さい。