経済学科

Department

平澤ゼミ,蘭越町で米のブランド化の調査

2014.10.20

お知らせ
平澤ゼミ,蘭越町で米のブランド化の調査
平澤ゼミが10月14日,15日に二日間にわたって,蘭越町に米のブランド化に関する調査をしました.
 
蘭越町では,その地域でとれる良質のお米を「らんこし米」としてブランド化して売り出そうとしています.それが町の経済にどんな影響を与えるのか,また地域を活性化するためには今後,ブランド化を含めて蘭越町の農業をどのような方向に向けて行くのかなどを今回の実習でいくらかでも明らかにできればよいと思い,訪問しました.
平澤ゼミ,蘭越町で米のブランド化の調査
14日には,蘭越町の金副町長が学生と面談され,そのお話 (写真)を伺った後に,町の産業経済課の坂口さんとJAようていの佐藤さんかららんこし米の生産や販売を含めて蘭越町の農業の状況を伺いました.
平澤ゼミ,蘭越町で米のブランド化の調査
 15日には,有機農業,合鴨農業や修学旅行生の受け入れなどを行っている農家の川崎さん(写真)と三越で米を販売するとともに,米1グランプリの実行委員をされている農家の向山さんを訪問し,蘭越の農業の状況や農家の取り組み,米1グランプリのことなどを伺いました.
 
そののち,蘭越町が米農家のためにつくった育苗施設(写真),1,500種,5,000点の貝を展示した「貝の館」などを見学しました.また宿舎は蘭越町が関わっている「幽泉閣」でそこでらんこし米を味わうことができました.
 
学生からは,本や資料で勉強する以外に実際の農家の人などの話を聞けて,さらに認識が深まったという声がありました.
なお二日目は,雲一つない青空となり,雪をかぶった羊蹄山がとてもきれいに見えました(写真).紅葉もとてもきれいでした.
 
平澤ゼミ,蘭越町で米のブランド化の調査
  • 発行日: 2014.10.20