大場ゼミが工場見学

2014.02.21

お知らせ
大場ゼミが工場見学
経済学部の大場ゼミで工場見学を実施しました.
 
経済学部の大場ゼミ(専門ゼミ?:学部2年対象)では,2014年2月3日に,ゼミ活動の一環として,雪印メグミルク札幌工場(札幌市)とホクレンパールライス工場(石狩市)を見学しました.
 
大場ゼミでは労働経済学の基本文献を皆で読み,「働くこと」が経済学でどのように扱われているかをこれまで学んできました.働く現場としての工場では,自動化された工程管理や在庫管理・品質管理などを見学しました.
大場ゼミが工場見学
雪印メグミルク札幌工場には勝源神社や「酪農と乳の歴史館」が併設されており,工場見学と神社参拝の後に,館長の吉田さんに質疑応答の時間をいただくことができました.その時には,「牛乳会社は牧場を所有しているのか」という素朴な疑問や,苦情(問い合わせ)の数とそれへの対応方法などについてお答えいただきました.
大場ゼミが工場見学
また,ホクレンパールライス工場では,精米工程や品質管理の場面を案内していただきました.最後に,業務課係長の方に,「仕事のやりがい」,「なぜ,この仕事を選んだのか」,「仕事で気をつけている点は何か」などの労働のゼミならではの質問にお答えいただけました.特に「仕事のやりがい」として,「農業を背負いつつ,全国にある様々な部署に移動する」点についてお話し下さいました.
大場ゼミが工場見学
2つの北海道を代表する企業(団体)の工場を見学し,文献では味わえない「学び」を体験できた1日となりました.
  • 発行日: 2014.02.21