社会福祉士養成課程

Certified Social Worker

 社会福祉士養成課程では、卒業後に実際の福祉現場に出て、人の生活を支え人生の再建に関わるソーシャルワーカーになることを念頭においた、実践的な演習を行っています。社会福祉演習では、リアリティを持って地域を見つめ、現実の地域のなかでクライエントの人生と生活を考えるプログラムを用意しています。

江別市大麻地区におけるスタディウォーク

 スタディーウォークは、大学のある大麻地区を歩き、地域での生活を理解するための演習です。翌週の授業時には、それぞれが撮った写真から1枚を選び出し、「写真を撮った場所と被写体は何か」、「なぜその写真を撮り、発表する素材に選んだか」、「被写体についてネット等で調べた結果」の説明をします。
商店街の空き店舗、壊れたまま「立ち入り禁止」となって放置されている遊具など、少子高齢化に関連づけられる風景を選ぶ学生もいれば、戸建てが並ぶ地域の「住居案内図」に注目する学生もいました。また、一棟すべてが空き家になった集合住宅の写真がある一方で、団地と団地のあいだの一区画に整然と並ぶ新築一戸建ての景色を撮る学生もいました。大麻地区では近年、官舎等の払い下げでできた空き地が分譲地となり若い世代が転入し始めています。公営団地の入居者と新築戸建ての住民が互いに交わす視線や心情に思いをはせる学生の鋭い感性が印象的な発表でした。
  • スタディウォーク
  • スタディウォーク
  • スタディウォーク
  • スタディウォーク

地域の方々へのスタディウォーク成果発表会

このスタディウォークの成果を整理して、団地自治会の地域住民と地域包括支援センター職員やUR関係者にも参加いただき、UR大麻宮町団地の集会所にて報告会を開催しました。学生は大変緊張したようですが、その地域について感じたことや気になったことを、そこで暮らす住民に報告するこの会は、結果的に住民・学生双方から大変好評でした。
「学生から提出された『振り返りアンケート』」のコメント
・私にとって大麻は「通って来る場所」であって、スタディウォークをしなければ「暮らす場所」という視点で見ることはなかったと思います。視点が変われば、その分目に入ってくるものがあるという体験が面白かったです。
・スタディウォークという活動は、地域の事情や写真に写る風景一枚一枚にドラマがあることを再確認できる素晴らしい機会だった。
・実際に写真を撮った地域に住んでいる人たちに向けて発表することで、写真の場所についてどう思っているのか聞くことができて、少しでも地域を知ることができたのではないかと感じた。

どこか遠くの病院や施設ではなく、その人がこれまで生きてきた地域でどう生きていくのか、また、その人も含めた地域の人たちがこれからもずっと生きていきたいと思える地域をどう作っていくのか、これからのソーシャルワーカーに求められる大事な役割を、実践的に学んでみませんか。

精神保健福祉士養成課程

PSW

精神保健福祉士養成課程では、対人援助技術や環境や社会へ働きかけるための実践力を身につけるため、講義を受けるだけではなく、実際に自分で調べることや、実践してみるといった学習をたくさん行います。

レコメン☆実習報告会

医療機関や地域の障がい者施設での精神保健福祉援助実習を終えると、実習報告会を行います。実習を指導していただいた現場の精神保健福祉士の方々や後輩等へ実習で学んだことを発表します。
来ていただく皆さまへ自分たちが学んだことを伝えるために、どうすればいいか自分たちで考えて、企画します。
リハサールでは、時間を確認したり、立ち位置を直したり、発表の内容やスライドは納得できるまで何回も直します。

報告会当日は、一人ずつ実習で学んだことについてプレゼンテーションを行います。「精神疾患のことばかりではなく、相手をどのような方か理解しようとすることが大切だった」、「家族の思いもあることを知った」等、思い思いに話します。
  • 時に励まし合うことも

    時に励まし合うことも

  • 気合いの円陣!

    気合いの円陣!

  • ここまで頑張りました!

    ここまで頑張りました!

医療機関では精神保健福祉士に同行して患者さんのお家へ訪問させていただいたり、就労支援事業所では利用者さんと一緒にシフォンケーキ作りを体験したりと、さまざまな体験や学習をしたことが報告されます。始めは緊張するようですが、実習の指導をしてくれる精神保健福祉士や患者さん、利用者さんたちから励まされて、乗り越えた成果がここで発揮されます!
報告会後は3年生と4年生の交流会です。次に実習へ行く後輩へ、先輩からアドバイスを送ります。実習以外にも就職や進路のこと、国家試験対策のこと等、内容は盛りだくさんです。
alt

教員養成課程(心理・教育領域)

teacher

実験や実習を通じて体験的に学ぶことをめざします。
alt

心理学実験実習Ⅰ・Ⅱ

目の錯覚(錯視)や、矛盾するいくつかの情報を処理することの難しさ(ストループ効果)、他人との距離の取り方(パーソナル・スペース)など、私たちにとって身近な題材の心理学的な意味や効果を、実験によって学んでいきます。

☆あなた自身が主体的にデータを取り、分析する経験ができます。
☆社会人からになってからも役に立つ、報告書(レポート)のまとめ方も学ぶことができます。
☆難しそう?でも大丈夫。教員のサポートを受けながら、他の受講生と一緒に少しずつ学んでいくことができます。

教育実習・特別支援教育実習

ひとつの学校に2~3週間入って、そこで生徒や教職員との交流、授業実習、部活動参加・指導などを行う実習です。教員免許を取得したい学生は必ず行う実習になります(教職課程履修者のみ履修可能)。実習に行く前には、教科の学習はもちろん、教育の方法や、生徒の心理など、様々なことを学んでおくことが求められます。

【在学生の声】

佐藤純太さん
人文学部人間科学科 4年生
Q 教職で取得予定の教員免許は何ですか? どんな教師になりたいですか?
A 高校(地歴)と高校(公民)の免許取得を目指しています。「みんなから憧れられるような人間」を育てられるような教師になるのが夢です。

Q 大学で力を入れたことは何ですか?
A 2年生の夏から硬式野球部のキャプテンになりました。勉強との両立がとても大変でしたが、教職を志す友人たちに助けて貰って、何とか頑張ってきました。それから、僕は絵を描くのが好きで、子どもの頃から描いて楽しんでいます。学内の「アールブリュット展」にも出品しました(下の写真はお店に頼まれて書いたイラストです)。

Q 人間科学科を志望する高校生にアドバイスは?
A 僕はもともと社会福祉士を目指していましたが、今は教職一本で頑張っています。さまざまな資格の中から自分で選んで、やりたいことに挑戦できるのは、人間科学科のとてもよいところです。皆さんもぜひ、人間科学科で、自分の可能性にチャレンジしてください!!
  • 模擬授業中の佐藤君

    模擬授業中の佐藤君

  • マリリン・モンローのイラスト

    マリリン・モンローのイラスト

【在学生の声】

小山田昇平さん
人文学部人間科学科 4年生
Q 心理学の実験の授業に参加して、印象に残っていることは何ですか?
A パーソナル・スペース(人と人との間の距離)の実験が面白かったです。
僕は大学に入ってからよく電車を利用するようになったのですが、混んだ電車で人との距離が近いことを辛く感じていました。この実験を行ったことで、人にはそれぞれ違う「辛いと感じる距離感」があること、また相手との仲の良さなどでもその距離感が変わってくることなどがわかりました。今では、日常でもパーソナル・スペースに意識が向くようになりました。

Q 特別支援学校に教育実習に行きましたね。行く前に大学で指導を受けたことの中で、よかったと感じたことは何ですか?
A 足し算の授業で、すごろくを作って、足した数だけ進めるようにすれば、子どもが楽しく学べると考えました。でも、最初は大きな紙に「四角い枠」をいくつか書いただけだったので、先生から「子どものことを考えた工夫が足りない」と指導されました。自分でも反省して、子どもが好きなアニメの絵を描いたり、「1回休み」とかを入れたりしたら、今度はほめてもらいました。この経験から、子どもに楽しくわかりやすく学んでもらうにはどうしたらいいか、工夫することの大切さを学びました。それが、実習の際の授業の工夫にもつながっていったと感じています。

Q 実習で最も楽しかったことは何ですか?
A 全部楽しかったんですが、強いてあげると3つあります。1つめは、最初壁のあった子どもたちに、積極的に話しかけていくなどするうちに、少しずつ壁がなくなり、関われるようになっていったこと。2つめは、最後の研究授業の前、緊張していた僕に、クラスの子どもたちが、「私たち先生のために授業頑張るからね!」と言ってくれたこと。3つめは、最後の日に子どもたちから寄せ書きの色紙をもらったことです。その色紙は、今も大切にしています。
小山田昇平さん

学内ではこの場所がお気に入りだそうです。

学芸員養成課程

curator

博物館実習

本学の博物館実習では、(1)資料の取り扱い方法の習得、(2)博物館巡見、(3)企画展示の開催、(4)年報(学芸員課程が刊行している報告書)の編集作業を通して、学芸員として必要な能力を育成しています。
実習生は体と頭を動かしながら、「資料を通して、人とモノ、人と人をつなぐ」学芸員を目標に日々奮闘しています。

博物館巡見

道内の博物館の見学を通して、博物館や博物館業務について知見を広げます。現場で活躍されている学芸員の方々のお話は、各館の展示・博物館活動の工夫やそれらの苦労話などと多岐にわたります。博物館巡見で「博物館の実際」に触れることは、実習生それぞれが将来の学芸員像を思い描く上での重要な経験となります。

企画展示

実習生全員で展示テーマを考え、学内の展示室を利用し企画展を開催します。みんなで意見を出し合い、ときには衝突しながら、企画展の開催という一つの目標に向かって取り組みます。企画展の準備は、資料の収集、展示パネル(展示の解説文)の作成、展示物の配置といった一連の流れを、資料の特徴や見学者の目線の高さなど細かな点に注意しながらおこないます。
  • 企画展示制作作業
  • 企画展示
企画展開催中の主な作業は、学芸員としてもっとも重要な展示解説です。展示解説では、見学者から質問攻めにあうこともしばしば。やりがいとともに、勉強不足を痛感するときでもあります。
ほかにも多くの方に来館いただくために、ポスター制作・掲示、チラシ配り、SNSを通しての広報活動、地方自治体と連携した展示イベントの開催なども行い、博物館の運営方法についても同時に学びます。
試行錯誤の連続は、まさに学芸員になるための貴重な財産です。北海道・東北地方に多くの学芸員を輩出してきた札幌学院大学で、みなさんも学芸員を目指してみませんか。

人間科学科Q&A

Q&A

Q1.人間科学科とはどのようなところですか?どんな学生を求めていますか?
人間科学科は人間について深く考えてみたい人、社会における諸問題に強い関心をもつ人を歓迎します。「社会」「福祉」「心理・教育」「文化」「思想」という5領域に分けられた多数の科目群から自分の興味・関心・進路に合わせて科目を自由に選択して学ぶことができます。さまざまな分野の研究者が集まっているので、講義を受ける中で自分の問題意識を深め、幅広い教養を身につけ、柔軟に対処できる力を養うことができます。
Q2.なにをやりたいのか、まだ決まっていないのですが、大丈夫でしょうか?
人間科学科には「社会・福祉・心理教育・文化・思想」と5領域あります。それぞれについて広く、深く学んだ上で、自分が一番関心を持っている領域をみつけて学んでいってください。
Q3.社会福祉士になりたいのですが?
人間科学科で課程の所定単位を修得・卒業することにより、国家試験の受験資格を取得することができます。その後、国家試験を受験し合格すると「社会福祉士」の資格を得ることができます。本学では人間科学科の学生のみが取得することができます。