• 臼杵 勲 ゼミナール
    「物質資料(考古遺物・美術品・民具等)を通して、ヒトの活動について」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    ゼミでは、物質資料(考古遺物・美術品・民具等)を通して、ヒトの活動について考えます。私の専門の古代・中世に限らず、現代までのヒトの文化を広く対象としています。月に一度程度、博物館・文化財等の見学に出かけ、実際に資料にふれながら学習する機会を持ちます。
    ゼミ生からひと言
    2017年は、ゴッホ展、北大総合博物館、小樽市の近代化遺産などを見学しました。郷土食などの食文化についても学習しました。いろいろな場所やモノに接しながら、楽しく学べました。
  • 内田 司 ゼミナール
    「他者とともに生きる生き方を考える」
    「商店街を核としたコミュニティづくり」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    このゼミのテーマは、「他者とともに生きる生き方を考える」というものです。実際には、厳しい状況にある地域社会の再生や活性化のために活躍している人達との交流をしています。その一つとして、江別市の大麻銀座商店街で「商店街を核としたコミュニティづくり」の活動もしています。
    ゼミ生からひと言
    このゼミで学ぶことで、さまざまな人に出会うことができ、地域活動にも興味をもつことができるようになりました。
  • 大澤 真平 ゼミナール
    「子どもの貧困 教育福祉」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    「子ども・若者」をテーマとしながら、私たちの生活に生じている社会福祉の問題について考えています。その際、家族、養育、保育、教育、労働、自立、ジェンダーといった観点にも目を配り、子どもや若者の立場から社会のあり方を問い直したいと思っています。ゼミには子どもや若者に関わるゲストスピーカーも来ますので、現場実践を学びつつ、自分の将来像を具体的に考える機会も広がります。
    ゼミ生からひと言
    卒業論文作成の際は大澤先生とゼミ生同士で質疑応答を繰り返し、最後まで時間をかけてサポートして頂きました。討論を多くすることから、卒業論文作成において必要な「考えをまとめ発信する力」が養えます。真面目なイメージがありますが、休む時間はしっかり休むという柔らかい雰囲気のゼミです(笑)
  • 奥田 統己 ゼミナール
     
  • 川原 茂雄 ゼミナール
    「教育・学校・教師」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    「教育・学校・教師」をテーマにして、教育関連のテーマにした卒業論文を書きたいという学生が集まっています。3年前期では「自分史」を書いて自らの被教育体験を振り返り、後期では現場フィールドワークとして道内の様々な学校を直接訪問して見て歩きます。今年は、他のゼミと合同で学習報告会を開催して、学校訪問の調査結果をまとたものを発表しました。今年の4年生は、自分史や学校訪問での経験から、自らの出身高校について調査研究した卒業論文に取り組みました。写真は卒論発表会の時のものです。
  • 児島 恭子 ゼミナール
    「文化の視点で歴史を考える」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    関心のある文化について、それを歴史の中に位置づけるための考察をします。ゼミ生のテーマは、時代や場所はさまざま、衣食住、信仰、物語・伝説など、対象もさまざまです。ひとりひとりが自分の先行研究を確認し、文献資料を探し、集め、読み、解釈し、結論を導きます。その過程をゼミで報告しあい、お互いに触発される、そういう姿がみられます。
    ゼミ生からひと言
    児島恭子先生率いる児島ゼミは主に歴史学について学ぶゼミです。幅広い歴史学から自分が学びたいことを児島先生の助言を得て広く深く学ぶことができます。好きなことを学び、納得と新しい知識を得る場として最高なゼミです。そして、常にアットホームで、先生ともゼミ生とも話しやすい雰囲気がつくられています。
  • 佐藤 満 ゼミナール
    「障害児者教育・肢体不自由教育」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    ゼミのテーマは「特別支援教育を学ぶ」です。特別支援教育の理会を深めると共に、最新知見を学びます。その知見は障害のある方の生活支援を含めて広い範囲が対象となります。また、学生の学びも自主的に学びを進めるところから、教員採用試験の範囲を学ぶなど個々の学生によって違いがあります。従って、学生一人一人の学ぶ姿勢を大切にしています。
  • 新田 雅子 ゼミナール
    「高齢者の暮らしと地域社会」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    大学がある江別市大麻地区は、高度経済成長期にベッドタウンとして一斉に開発された地域です。そうした背景から、近年、高齢化が顕著となっています。ゼミでは、特に公営団地の方々とともに、どの人も出来るだけ長く自宅で暮らし続けられるためにどうしたらよいかを考えたり、実践を試みたりしています。
  • 藤野 友紀 ゼミナール
    「子どもの育ちと子育て(家庭だけでなく地域や保育施設も含みます)の現状」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    私たちのゼミでは、子どもの育ちと子育て(家庭だけでなく地域や保育施設も含みます)の現状と課題について考えます。文献を読んで議論することはもちろんですが、それだけではなく自分たちで計画を立てて調査することも大切にしています。みんなで仮説を考えてデータを集めて分析する過程は、苦労もありますが楽しいですよ。
    ゼミ生からひと言
    みなさん、こんにちは。藤野ゼミ一同です。前期は文献を読み、後期は前期の学習を踏まえて1つのテーマをみんなで決め、アンケート調査を行いました。たいへんなこともありましたが、その都度みんなで乗り越え、ゼミの仲間との絆も深まりました。夏にはゼミコンパをし、冬にはゼミ合宿を行い、とてもメリハリがある楽しいゼミです。
  • 松川 敏道 ゼミナール
    「障害者と社会」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    ゼミでは「障害者と社会」というテーマを設け、このテーマに関する文献の講読・討論を通して障害者問題の理解と関心の涵養を図っています。ゼミ生からは時折難しいとの反応もありますが、自発的に発言し議論することを通して、なんとなく「当たり前」と思っていたことが、どうも違うということを自分たちで気づき発見できる過程は貴重な学びの経験となっています。春にはこうした成果の発表の場として、またゼミ生各自の研究テーマの検討の場としてゼミ合宿を行っています。
  • 湯本 誠 ゼミナール
    「フィールドから学ぶ」
  • 横山 登志子 ゼミナール
    「ソーシャルワークの理論と実践」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    ゼミでは毎年テーマを決めて共通文献を読んでディスカッションを行い、多面的に物事を考えられるようにしています。近年取り上げたテーマは、ソーシャルワークとジェンダー、ソーシャルワークと家族、ナラティブ・ソーシャルワーク、スクールソーシャルワークなどです。加えて、自主ゼミ的な活動として「福祉」×「アート」の可能性にも惹かれていて、有志学生とSGUアールブリュット展を開催しています。
    ゼミ生からひと言
    横山ゼミでは、ほぼ毎回レジュメをつくって各自が発表をくりかえすので、ゼミ生が密にお互いのテーマを共有することができます。また、なんといってもゼミで旅行に行くことが楽しいです。10数人が旅行で仲良くなれます!
  • 舛田 弘子 ゼミナール
    「コミュニケーションから考える教育と学習の心理学」
    詳しく見る閉じる
    ゼミナールの紹介
    ゼミのテーマは「コミュニケーションから考える教育と学習の心理学」。教える活動と学ぶ活動の相互作用が起こる教育場面に対し、心理学の立場から取り組みます。特にコミュニケーション(会話によるもの・文章によるもの)や社会心理学の考え方などを、どう教育場面で応用するかなどを考えていきます。
    ゼミ生からひと言
    ゼミでは自由な視点で発言でき、そこから議論が発展することも。有意義な時間が過ごせます。
    ゼミの雰囲気はとても和やかです。素直に意見を言える場なので、視点や感性の違いが面白く参考になります。
  • 二通 諭 ゼミナール
    「社会性を育てる教育実践─発達障害児・者支援の中心課題として」