札幌大学 大学院 臨床心理学研究科

研究科の教育目標

大学院臨床心理学研究科の目的

臨床心理学研究科は、臨床心理学を中心に心理臨床に関連する諸分野との連携を得ながら、様々の心の問題を心理臨床の視点から取り上げ、臨床心理士という高度の専門性を備えた職業人を養成することを目的とする。

大学院臨床心理学研究科の教育目標

(1)
教員と大学院生が共に成長するような教育環境のなかで豊かな心を育てる。
(2)
事例研究を中心とした実践教育を通して臨床心理的な素養を身につける。
(3)
実践の成果を研究報告としてまとめられるような能力を養う。
(4)
研究成果あるいは実践活動を通して地域社会に貢献できる人材を育成する。

臨床心理学研究科のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

本研究科のカリキュラムにもとづき、その成果を修士論文としてまとめ、以下の観点からの評価に基づき審査に合格した者に修士(臨床心理学)の学位を授与する。

高度な臨床心理学の専門的知識・論理および実践的技能を修得していること。
心理臨床における責任感と倫理観を身につけ、さまざまな人間の心の問題を理解し、適切な援助ができる技能と能力を修得していること。
人格的な成長が見られること。
社会貢献できるような心理臨床家としての実践力を身につけていること。

臨床心理学研究科のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

学部教育の目標を達成した学生に対し、より高度な臨床心理学の知識・理論とそれに基づく臨床実践を習得させる。
ディプロマ・ポリシーで掲げた目標を達成するための教育課程編成は次の通りである。

「専門的知識・論理」「実践的技能」を修得させ心理臨床の基礎を固めるための根幹科目として、臨床心理学特論、臨床心理面接特論、臨床心理査定演習を設定する。
「責任感と倫理観」「適切な援助ができる技能と能力」を修得させるために、「心の成長・発達科目群」及び「心の障害・健康科目群」の中から自分の専門領域を決め、修士論文へと繋げていく。心理療法の多様なアプローチに関わる科目、研究実践能力に関わる科目、身体心理に関わる基礎的科目、社会的観点を強化する科目を配置し、学生の視野と対応力の向上を目指す。また実戦活動を念頭におき、臨床心理実習を重視する。
「人格的な成長」を促すために、根幹科目、選択科目、実習を通して体験的学習を重視し、社会、地域との関係を認識することにより人間の全体性、関連性についての意識を育てる。これにより、臨床家としての責任感、倫理観、より成熟した人格成長への土台を形成する。
「実践力」を身につけるため、学外施設での実習を経験し、地域住民のための相談機関である心理臨床センターで相談ケースを担当しスーパービジョンを受ける。また、担当ケースをインテーク・カンファレンス、ケース・カンファレンスにおいて発表する。こうした実践的教育を中心に臨床能力と研究能力を培い、社会に貢献できる臨床心理士養成を目指す。

臨床心理学研究科のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

臨床心理学の基礎的な知識と感性を身につけ、さらに地域社会に貢献することを志している、次のような方を求めます。

(1)
他者を支援するために必要な、人間尊重の態度をもつ人。
(2)
人とのかかわりを通して、自らの潜在的な資質を成長させる意欲をもつ人。
(3)
先入観に捉われず、柔軟な視点からものごとを考える姿勢をもつ人。
(4)
臨床心理学とその関連領域(福祉、医療、教育など)における実践体験を、それぞれの学問的知見と統合して理解しようという意思をもつ人。
(5)
将来、臨床心理学の知識を生かして、地域に住む人々のさまざまな心の問題を支援したいという意思をもつ人。