札幌大学 大学院 臨床心理学研究科

カリキュラム

こころを学ぶ

基礎科目
科目名称 開講年次 単 位 数
必修 選択
臨床心理学特論Ⅰ 1 2  
臨床心理学特論Ⅱ 1 2  
臨床心理査定演習 1 4  
臨床心理面接特論Ⅰ 1 2  
臨床心理面接特論Ⅱ 1 2  
臨床心理基礎実習 1 2  
心の成長・発達科目群
科目名称 開講年次 単 位 数
必修 選択
児童・青年期心理臨床特論 1・2   2
発達心理臨床特論 1・2   2
人格心理学特論 1・2   2
教育心理学特論 1・2   2
学校臨床心理学特論 1・2   2
心の障害・健康科目群
科目名称 開講年次 単 位 数
必修 選択
医療心理臨床特論 1・2   2
心理療法学特論A 1・2   2
心理療法学特論B 1・2   2
障害者(児)心理臨床特論 1・2   2
精神保健学特論 1・2   2
健康援助学特論 1・2   2
グループ・アプローチ特論 1・2   2
精神医学特論 1・2   2
実習科目
科目名称 開講年次 単 位 数
必修 選択
臨床心理アセスメント実習 1 1  
臨床心理実習A 2 3  
臨床心理実習B 2 1  
共通選択科目
科目名称 開講年次 単 位 数
必修 選択
遊戯療法特論 1・2   2
社会心理学特論 1・2   2
芸術療法特論 1・2   2
生理心理学特論 1・2   2
心理学研究法特論 1・2   2
心理学特別演習 1・2   2
心理統計法特論 1・2   2
犯罪心理学特論 1・2   2
研究指導科目
科目名称 開講年次 単 位 数
必修 選択
臨床心理学特別研究Ⅰ 1 4  
臨床心理学特別研究Ⅱ 2 4  
履修方法
修了するためには次の要件を満たさなくてはなりません。
(1) 必修科目11科目27単位、および選択科目2科目4単位以上、合計31単位以上を修得すること。
(2) 指導教員に必要な指導を受け、修士論文の審査および試験に合格すること。
なお、研究科修了後、日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士」資格審査を受験する学生は、以下の5群に分けた選択科目群の中から、各1科目2単位以上を修得すること。
[A群] 心理学研究法特論
心理学特別演習
心理統計法特論
[B群] 人格心理学特論
発達心理臨床特論
児童・青年期心理臨床特論
生理心理学特論
教育心理学特論
[C群] 精神保健学特論
社会心理学特論
犯罪心理学特論
[D群] 精神医学特論
障害者(児)心理臨床特論
医療心理臨床特論
健康援助学特論
[E群] 心理療法学特論A
心理療法学特論B
芸術療法特論
学校臨床心理学特論
グループ・アプローチ特論
遊戯療法特論
「心理臨床センター」などでの実習で資質と能力を磨く
実践中心のカリキュラムのなかでも中核をなす「臨床心理基礎実習」での学習をさらに深めるために「臨床心理実習A」「臨床心理実習B」を開講。大学の相談施設「心理臨床センター」で実際の相談を担当するほか、学外の施設での臨床実習を通して心理臨床に関する資質と能力を磨きます。
臨床心理士への最短距離第一種指定大学院
臨床心理士には、高度な専門性が要求されます。本研究科は『日本臨床心理士資格認定協会』から「第一種指定大学院」の認定を受けているため、本研究科では修了と同時に臨床心理士の受験資格を得ることができます(第二種校は修了後1年以上の実務経験が必要)。
※「第一種指定大学院」指定期間は6年毎に継続申請が必要で、その都度、教員組織・入学試験・カリキュラム・実習・施設などについての審査が行われています。本研究科は2012年度より6年間の指定継続が認められております。
教職免許状(専修)の取得について
本研究科修了者で、教育職員免許法及びその関連する諸規則に定める条件を満たした者は、以下の教科について専修免許状が取得できます。
●中学校教諭(社会) ●高等学校教諭(地理歴史) ●高等学校教諭(公民)