現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人文学部
  4. こども発達学科
  5. こども発達学科の目的・目標・方針

こども発達学科の目的

人文学部こども発達学科は、子どもの発達と教育の基礎理論の学習と実践的演習の体験を通して、豊かな人間性を備え、子どもを共感的な視点でみつめ、支援できる人材を養成する。特に、乳幼児の活動や相互作用、児童の好奇心・思考力等の基礎的知識はもとより、彼等の健康、文化に関する発展的理解を通じ、小学校の教育、地域における子育て支援等に貢献しうる実践的力量を養うことを目的とする。

こども発達学科の教育目標

(1)子どもの身体・感情・思考、社会的相互作用を含む発達の全体像に関する基礎的理解を養う。
(2)子どものものづくり体験等を重視する学科独自の演習を通して、保育・教育に寄与する創造的な実践力を養う。
(3)子どもの健全な育成に関する関心・意欲を高め、彼等の学力とその基盤となる健康、文化に関する現代的課題を実践的に解決する能力を養う。
(4)小学校教諭一種免許状、保育士等の資格を取得し、小学校教諭、地域における子育て支援の指導者を養成する。

こども発達学科の求める学生像(アドミッション・ポリシー)

○人文学部こども発達学科の求める学生像
人間発達の広い視野に立ち、子どもの発達支援や教育に寄与しようとする意欲を持つ、以下のような学生を求めます。
(1)小学校の教育に携わりたい人。
(2)乳幼児や子どもの保育・支援に関わりたい人。
(3)子どもの発達や心理、教育を学び、社会でいかしたい人。

○高等学校段階で習得すべき内容・水準
本学科は幅広く子どもの視点に立った学習をするため、高等学校では苦手科目を作らず、子どもに関するニュースや本に積極的に触れておくことを期待します。

こども発達学科の教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

教養教育として2つの科目群を体系的に設け、「基礎科目群」で現代社会を生きるための基礎力、「人文・社会・健康・自然科目群」で現代社会を豊かに生きるための教養の修得を目指す。

専門教育では、乳幼児から児童期に至る心身の発達を見通すことのできる実践的な力を培い、子どもの未来を担う保育・教育の現場で活躍できる人材を育成する。

ディプロマ・ポリシーで掲げた目標を達成するための専門教育課程編成は次の通りである。
I.「専門的知識」を育成するために「心理・発達」、「社会・福祉・教育」の科目群を配置する。また、「問題解決能力」を育成するために、1年次の導入教育から4年次の「卒業研究」まで一貫した少人数教育を保証する。
II.「プレゼンテーション・コミュニケーション技能」を育成するため、演習科目や実習科目を配置し、発表や討論を体験させる。
III.「共感的視点、創造的実践力」を育成するため、「小学校教職課程」、「保育」の科目群を配置し、教育・保育の現場に即した授業内容を展開する。

上記I.~III.の学修方法及び学修過程の評価方法は次の通りである。
【学修方法】
I.「心理・発達」、「社会・福祉・教育」に関する「専門的知識」の科目群において基礎から理論・知識を身に付けるための座学と実践的な演習方式を採用し、「問題解決能力」は全年時を通じて少人数教育においての育成を図る。
II.4年間通して行う演習・実習科目において発表や討論方式を採用し、「プレゼンテーション・コミュニケーション技能」を身に付ける。
III.演習・実習科目ではグループワークなどを行い、教育・保育の現場での実践体験などを通じて「共感的視点、創造的実践力」を身に付ける。

【評価方法】
I.「心理・発達」科目群、「社会・福祉・教育」の科目群では、試験、レポート、リアクションペーパーなどで専門的知識修得の到達度を把握して評価する。また、「問題解決能力」については、レポートや発表・討論の内容や参加態度などで到達度を把握して評価する。
II.「プレゼンテーション・コミュニケーション技能」は発表内容、討論への参加態度などで到達度を評価する。
III.「共感的視点、創造的実践力」は実践的な取り組みへの参加態度やレポートなどで履修生の到達度を把握して評価する。

高大接続および上記専門教育課程への移行を円滑に行うために、以下の初年次教育を行う。
・高大接続では、入学者を対象に入学前学習を課す。
・学生生活への適応と大学生としての自立的な学習態度を身につけるために1年次ゼミを実施する。

こども発達学科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

本学科は、以下の学修成果を満たし、所定の科目及び単位を修得したものに学士(人文学)の学位を授与します。
I.人間と人間を取り巻く環境についての幅広い基礎知識の上に、子どもの発達と教育の専門的知識と問題解決能力を修得していること。
II.自らの思考や判断を説明するためのプレゼンテーション技能と、双方向的発展を可能とするコミュニケーションの技能を修得していること。
III.子どもに対する共感的な視点を身につけ、保育・教育に貢献できる創造的な実践力を修得していること。