現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人文学部
  4. 英語英米文学科
  5. 学科概要

英語英米文学科とは

英米文化の研究、日本人としてのアイデンティティの確立

北海道の大学のなかでも最も長い英語教育の伝統をもつ本学科では、「英語」という言語を共通項とし、主としてイギリスとアメリカの広義の文化を学習し研究すると同時に、異文化という鏡に自らの姿を映すことによって、日本人としてのアイデンティティを確立していく学科です。

英語に関わる専門性を深め英語コミュニケーション技能を高める

講義風景
カリキュラムでは実用英語・英語学・英米文学・英語コミュニケーション・英米文化の5分野からそれぞれの興味に応じて選択し、情報発信型のコミュニケーション技能と専門的な知識を修得することができます。実用英語の授業では、レベル別による少人数教育を重視。また、インターネットやコンピュータを活用したマルチメディア授業も導入。2年次後期からは、アメリカ、イギリス、オーストラリアの提携大学への半期(約5ヵ月間)海外留学を正規のカリキュラムとして実施。ホームステイを中心とした生活を通して、語学力を向上させ、異文化理解 を深めます。また、Oral Communication Dという夏期集中講義では ALL ENGLISH CAMP(3泊4日、ニセコにて)を行い、毎年大好評です。


1 2 3 4
 技能と知識の養成   情報発信型人材の育成  
必修科目を中心に履修
・英文講読
・English Writing
・Oral Communication
 
海外留学(2年次後期)
・アメリカ・イギリス・オーストラリアの提携大学へ
 
専門ゼミナール
3.4年次では自分が関心を抱いた領域を専門ゼミナールでさらに深く学びます。またゼミでは日本語、英語両方のプレゼンテーション能力を高めていきます。
  卒業論文
 5つの科目群(●実用英語●英語学●英米文学●英語コミュニケーション●英米文化)

SGUのオリジナリティあふれる内容

半期海外留学制度を多面的にサポート

留学の様子
より高度な英語力を望む学生のため、2年次後期に半期留学のプログラムを用意。アメリカ、イギリス、オーストラリアの5大学から選択することができます。期間中に最大で24単位取得でき、4年間で卒業が可能。毎年多数の学生が留学プログラムを利用し、海外での生活を通して英会話能力を高めると同時に、より実践的な講義でスピーチ、プレゼンテーションなどの専門能力を磨き、異文化への理解を深めています。
また、特に意欲的な人には、留学奨学金をTOEICなどの成績に応じて40・30・20万円を給付する制度もあります。 留学希望者には教職員や留学経験者による様々なガイダンスを実施。多面的にサポートしています。
英語英米文学科 半期留学実績/名 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
アメリカ
パシフィック・ルーセラン大学
0 0 0 0 0
アメリカ
カリフォルニア大学デーヴィス校
8 5 8 3 3
イギリス
エセックス大学
0 0 0 0 0
イギリス
エクセター大学
2 0 3 1 2
オーストラリア
モナシュ大学
0 2 3 2 2

[ 熱心なネイティブスピーカーによる少数精鋭の講義 ]

講義の様子
1クラス20名以内という少人数制教育を重視し、「聞く・話す・読む・書く」能力を育てます。講義はいずれも参加型で英語での討論、表現法、自分の意見のまとめ方、それを伝えるタイミングなど、丁寧な指導のもと英会話に関するスキルを確実に身に付けることができます。

[ コミュニケーション技能のブラッシュアップ ]

「ネイティブスピーカーによる少人数教育」と並び、もう一つ重視している柱が、「インターネットを活用したマルチメディア教育」です。2つのCALL(コール:Computer Assisted language Learning=コンピュータを活用した語学学習システム)教室には最新型のiMacを多数設置(windowsも使用可能)。また、3,4年次の専門ゼミナールでは、日本語と英語両方のプレゼンテーション能力を高め、社会で活躍できるスキルを身に付けます。