現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人文学部
  4. 人間科学科
  5. 学科概要

人間科学科とは

人間尊重の精神のもとに、人間に関する多面的な諸問題を学際的に追究

講義風景
人間科学科は、人間尊重の精神のうえに立ち、「人間とは何か」という古くて新しい問題をたえず問いかけながら、人間に関する関連諸科学を動員し、人間と人間を取り巻く社会的・教育的・文化的環境について学際的に考えます。

5領域に分かれた科目群から自分の指向に合わせて自由に選択

「社会」「福祉」「心理・教育」「文化」「思想」という5領域に分けられた多数の科目群から自分の興味・関心・進路に合わせて科目を自由に選択して学ぶことができます。また、対話型・双方向型の教育方法であるゼミナールや体験的学習を基本とする実験・実習の重視、半期完結型教育システム(セメスター制)の導入などが特徴といえます。
人間科学科の5つの領域
人間科学
社会領域 福祉領域 心理・教育領域 文化領域 思想領域
社会学を中心に教育・労働・生活といった現実の地域社会の実相に密着。一見単純にして複雑な「個人」と「社会」のかかわり合いを考察する。 社会と生活に対する基礎を理解した上で今後の社会福祉の研究と実際を学ぶ。「社会福祉士」受験資格取得のためのカリキュラムも設置。 心のメカニズムを心理学実験・観察などを通して学び、人間の誕生から老年期に至るまでの生涯発達を教育や社会・文化的活動とのかかわりで探求する。 考古学、民俗学、歴史学の分野から主に北海道に住む人の生活文化と歴史を科学的に把握する。学芸員課程の主要科目も設置。 思想、哲学、宗教、文学などの領域に現れた人間観を探求するとともに、これらの分野から人間論、生命倫理、環境倫理などの現代的で総合的な分野に積極的にアプローチする。
学びのイメージ
1年次 2年次 3年次 4年次
基礎ゼミナール
4年間の「学びのマップ」づくり
専門ゼミナール
研究テーマ発見
卒業論文
基本科目群(講義科目、研究法・実習科目)
領域科目群(社会、福祉、心理・教育、文化、思想)・自由選択科目群
「職業と人生」など全学的な就職講座・ゼミ等による進路指導

SGUのオリジナリティあふれる内容

専門職として活躍する人間科学科の卒業生たち

人間尊重の精神と人間に関する広い見方を身に付けるとともに、社会、福祉、心理・教育、文化、思想のそれぞれの専門領域を学ぶことができるのが人間科学科の特徴です。卒業生たちは社会福祉施設、博物館、教育機関などさまざまな分野の専門職として活躍しています。

[ 実態に迫るフィールドワークを重視 ]

本学科では実験・実習、発掘・現地調査実習、ゼミナールごとの合宿や見学など体験的学習活動を重視。生活実態を把握するための「社会調査法」、地域社会の実態にふれる「フィールドワーク」のほか、「心理学実験実習Ⅰ・Ⅱ」、「社会福祉実習」、「考古学実習」などを開講しています。

[ 中学「社会」、高校「地歴」「公民」「福祉」、特別支援の複数免許取得 ]

卒業に必要な単位の修得に加えて、教職課程の単位を修得することにより、中学校の「社会」および高等学校の「地理歴史」、「公民」、「福祉」、さらに今後ますます需要の高まる特別支援学校の教員免許が取得可能です。

[ 卒業と同時に「社会福祉士」、「精神保健福祉士(PSW)」受験資格を取得 ]

「社会福祉士」とは福祉社会の担い手「ソーシャルワーカー」として活躍するための主要な国家資格。「精神保健福祉士(PSW)」とは精神障がい者の問題解決の援助や支援を行う主要な国家資格。本学科ではそれぞれの受験資格取得のための課程において所定の単位を修得すると、卒業と同時にそれぞれの受験資格を取得することが可能です。

受験資格取得者  2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014
年度
2015
年度
2016年度
社会福祉士 43 35 34 27 38 30 29 19
精神保健福祉士(PSW)
※他学科含む
23 16 21 18 16 13 13 7