個人の場合

所得税
札幌学院大学に対する寄付は、所得税の寄付金控除の措置を受けることができます。
平成23年度の税制改正により、(1)「所得控除制度」に加え、(2)「税額控除制度」が導入されました。

寄付者の皆様には、所得控除と税額控除どちらかを選択し、札幌学院大学が送付しました「寄付金領収書」及び「証明書(写)」を使用して所轄の税務署で確定申告を行ってください。

(1)「所得控除制度」

所得控除制度

(2)「税額控除制度」
税額控除制度

「税額控除制度」は、ほとんどの寄付で「所得控除制度」よりも優遇効果が大きくなります。ただし、所得税額を超えるような多額の寄付をした場合などは「所得控除制度」の方が有利になる場合があります。
確定申告及び寄付金控除の詳細については、最寄りの税務署にお問い合わせください。

注意事項
※「寄付金領収書」等の書類につきまして、実際に札幌学院大学へ入金された後にお送りいたします。そのため、お申し込みから通常1~2ヶ月後となりますのでご了承ください。

住民税
平成23年度の税制改正に伴い、所得税で寄付金控除の対象となる寄付金のうち、都道府県・市町村の条例によって認定された場合、住民税が寄付金税額控除の対象となりました。
 
寄付金控除を受けるためには寄付を行った方が、条例で指定された法人等が発行する領収書等を添付して申告を行う必要があります。
(所得税の確定申告を行う方は住民税の申告は不要ですが、所得税の確定申告を行わない方はお住まいの市町村に住民税の申告を行う必要があります。なお、住民税の控除を受けるためにお住まいの市区町村に簡易な申告書による申告を行った場合は、所得税の控除は受けられませんのでご注意ください。)
 

法人の場合

寄付金額が当該事業年度の損金に算入されますが、損金算入にあたっては次の指定寄付金と特定寄付金の2通りがあります。

指定寄付金
この寄付金は、本学が「指定寄付金」として日本私立学校振興・共済事業団(以下、事業団)の承認を受ける寄付金で、寄付金の全額を寄付した事業年度の損金に算入できます。なお、寄付金控除の手続きには、事業団発行の「寄付金受領書」が必要になります。この「寄付金受領書」は、本学を経由してお送りいたします。


特定寄付金
一般寄付金の損金算入限度額と別枠で損金に算入できます。この損金算入は、本学発行の「寄付金受領書」と「特定公益増進法人であることの証明書」(写)によって手続きすることができます。これらの書類は、寄付金が本学に入金され次第、お送りいたします。
計算方法(参考)

お問い合わせ・資料請求先

札幌学院大学 総務課財務係 寄付金担当
  • 住所:〒069-8555 北海道江別市文京台11番地
  • メールアドレス:soumu@ims.sgu.ac.jp
  • 電話番号:011-386-8111
  • ファックス番号:011-386-8115


サイド・メニュー