現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 全学の教養教育
  4. 全学の教養教育(2014年度以降入学生)

全学の教養教育を構成する4つの科目群

1.基礎科目群

  基礎科目群では「現代社会を生きるための基礎力」として、語学、日本語運用能力、コンピュータ操作能力を位置づけ、これらを着実に身につけるために、履修学年を次のとおり設けています。

 第1学年  第2学年
英語ⅠA・ⅡA・ⅠB・ⅡB
初級独語A・B・C・D
初級仏語A・B・C・D
初級中国語A・B・C・D
初級韓国語A・B・C・D
日本語A・B・C・D※
英語ⅢA・ⅣA・ⅢB・ⅣB
応用英語A・B・C・D
応用独語A・B・C・D
応用仏語A・B・C・D
応用中国語A・B・C・D
応用韓国語A・B・C・D
論述・作文A・B
コンピュータ基礎A・B  コンピュータ応用A・B・C・D
(注)※印の科目は外国人留学生が履修することが出来る科目である。

2.人文・社会・健康・自然科目群

  「現代を豊かに生きるための教養」を身につけるための科目が用意されています。

社会科学系の入門科目
社会科学系の学部等の教育内容を幅広く伝えるために用意しているのが次の入門的科目です。
科目名 講義概要
現代ビジネス論 経営学部教員による講義科目です。現代のビジネスシーンで起きている事象を題材にします。
 現代と法 法学部教員による講義です。裁判員制度を始めとする「法化社会」の諸相から現代と法について分かりやすく講義します。
 くらしと現代経済 経済学部教員による講義です。くらしの中の経済現象を通じて現代経済を読み解きます。
現代と情報 現代の社会事象を社会学と情報学の観点から分かりやすく講義します。

人文・社会・健康・自然科目群
「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」(ゴーギャン)といった根源的な問いについて、また、人間と社会との係わりについて、あるいは、自然の一部としての人間を科学することを通じて、現代社会を豊かに生きるための教養を身につけることを目指します。
(配当年次は1~4年次)
哲学   
宗教学
日本史概説
東洋史概説
中東イスラム史
映像文化
ヨーロッパの美術    
言語と社会
日本文学
日本国憲法
くらしと現代経済
社会学
日本事情A※
アジア事情B
現代と情報
心理学概説
スポーツB
地学
生命科学
北海道の生物
倫理学
日本史
北海道史
欧米史
地誌学概説
世界の民族音楽
人間の言語のしくみ
言語文化論
外国文学
人権論
経済学概説
北海道社会論
日本事情B※
教育学
心理学
スポーツと健康
統計学
地球の科学
生物進化
環境論
生命と環境の倫理
日本近代史
アジア史
西洋史概説
人文地理学概説
東洋の美術
世界の言語と日本語
言語と数理
現代と法
法学概説
現代ビジネス論
文化人類学
アジア事情A
現代の福祉
健康科学
スポーツA
物理学
自然地理学概説
生態学
 
(注)※印の科目は外国人留学生が履修することが出来る科目である。

3.キャリア・総合科目群

 キャリア・総合科目群の中には、「生涯にわたって自律的に学び続ける力」と「社会に貢献できる力」を身につけるための科目が用意されています。これらの科目の履修を通じて、人と文化と社会を支え合うための素養を高めることが期待されます。
科 目 単位 ねらい
 キャリア数学
A・B・C
 1 生活やビジネスシーンの中の数学を題材にして、数字や数学の社会生活上の役割を学びます。
 職業と人生Ⅰ~Ⅳ  2 人生における仕事の意味を考えます。大学卒業後の社会人としての生き方や社会での自分の役割について考えるための科目です。
企業の経営と仕事  2 地域の経営者から企業経営の実際と課題について講義していただきます。企業とは何か、仕事とは何かということを現実に即して学びます。
地域貢献A~D  2 講義の「地域貢献」では、現代における地域貢献の意義と役割について学びます。
「地域貢献活動」は実践活動を通じて地域貢献を学ぶ科目です。実践活動前に行う事前指導及び実践後に行う事後指導に出席すること、並びに実践活動後のレポートによって評価が行われます。
地域貢献活動A~D  1
 教養ゼミナール
A・B
 2 担当教員の専門についての入門的なゼミです。学部の基礎ゼミナール(大学での学び方や学科の入門セミナー)と異なり、全学学生向けの教養ゼミです。
※テーマ一覧は下記リンク先参照
 全学共通特別演習
A~D
 2 教養ゼミナールの上級ゼミナールに位置づけられています。学部や学年を超えて、少人数で議論を中心にして学べる科目です。
※テーマ一覧は下記リンク先参照

4.グローバル科目群

グローバル科目群は、あらゆる事象が地球規模で生じる時代の基礎的基本的な社会素養、すなわち「生涯にわたって自律的に学び続ける力」と「グローバルと地域の視点から社会に貢献できる力」を獲得することを目的としています。
科 目 講義概要
異文化グループワークA
異文化グループワークB
 
本学の留学生とのグループワークを通じて共通の課題に取り組み、異文化理解について体験的に学びます。アクティブ・ラーニング形式なので積極的に参加する姿勢が求められます。
プロジェクトマネジメント入門  「海外スタディ」、「グローバルインターンシップ」及び「グローバルボランティア」をチームとして取り組むためのマネジメントの手法と海外におけるリスク管理についてアクティブ・ラーニング形式で学びます。
TOEICトレーニングA
TOEICトレーニングB
TOEICを利用して実践的・実際的な英語能力の向上を目指します。初心者向けで100点アップを目標にします。
TOEICトレーニングC
TOEICトレーニングD
TOEICを利用して実践的・実際的な英語能力の向上を目指します。中級者以上向けで100点アップを目標にします。
海外スタディI 大学が用意する1週間から2週間程度のテーマのある海外体験学習に参加しレポートをまとめ、プレゼンテーションを行います。事前指導及び事後指導が含まれます。事前指導を踏まえて十分な用意を行うことが海外スタディ参加の条件となります。
海外スタディII 科目担当者の指導の下で学生が自ら海外学習計画を立て、国際交流委員会、全学教務委員会、学部教授会が認めた場合に履修が認めらます。事前指導では学習計画の立て方を指導し、事後指導では学習成果の発表を行います。
グローバルインターンシップI マレーシアにて英語研修とインターンシップに取り組みます。もしくはチェンマイ(タイ)の中・高等学校で日本語教育のインターンシップに取り組みます。事前指導及び事後指導が含まれます。事前指導を踏まえて十分な準備を行うことがグローバルインターンシップ参加の条件となります。事後指導で行なうプレゼンテーションとレポートで評価します。
グローバルインターンシップII 科目担当者の指導の下で学生が自ら海外インターンシップ計画を立て、国際交流委員会、全学教務委員会、学部教授会が認めた場合に履修が認められます。事前指導では学習計画の立て方を指導し、事後指導では学習成果の発表を行います。
グローバルボランティアI チェンマイ大学(タイ協定校)の協力の下、現地小学校での日本文化紹介ボランティア及び山岳民族の集落でのホームステイとボランティアに取組みます。事前指導及び事後指導が含まれます。事前指導を踏まえて十分な用意を行うことがグローバルボランティア参加の条件となります。事後指導で行うプレゼンテーションとレポートで評価する。
グローバルボランティアII 科目担当者の指導の下で学生が自ら海外ボランティア計画を立て、国際交流委員会、全学教務委員会、学部教授会が認めた場合に履修が認められます。事前指導では学習計画の立て方を指導し、事後指導では学習成果の発表を行います。

全学の教養教育