現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 経営学部
  4. 学部長あいさつ

「経営学部でぜひとも実りある豊かな学生生活を!」  経営学部長 玉山 和夫

経営学部で学ぶこと

経済は結局のところ大小の企業活動の集積です。
経営学部では、企業で働く人や起業家を目指す人に必要な事柄を学びます。つまり、それは現代社会で生きていくための基本を学ぶという事です。
会社を成り立たせるのに必要なのは、大まかに言えば次の3つです。
〇経営
会社の運営:ものを作ったり売ったり、サービスを提供したりすることです。
〇会計
経営の内容を数字でチェックします。
〇ファイナンス
会社経営にはお金が必要ですし、手に入れたお金を管理・運用する必要があります。

だから、経営学部では、経営も会計もファイナンスも学びます。
経営学部には現在、経営学科と会計ファイナンス学科の2つがあります。

経営学科は、2専攻制です

キャリア・マーケティング専攻では、約40名の学生を4名の教員がチームで担当しています。手厚い指導のもと学生諸君は「マーケティング実践」と「キャリア・マーケティング」にじっくり取り組んでいます。
経営管理専攻では、調査中心のフィールド実践から、地域の人々との交流などを通した地域の活性化に取り組む「プロジェクト実践」で、企画力、実行力、コミュニケーション能力を養います。

会計ファイナンス学科にも、大きく2つのコースがあります

会計コースは、簿記・会計を中心に学習し、これらに関した資格取得にも積極的に取り組んでいます。
金融コースでは、金融・ファイナンスについて、基礎から実践的な知識までを学んで、金融のプロを目指します。最近は関連資格として、ファイナンシャル・プランナー(FP)が注目されています。

このように、経営学部では
実務に強い、実践的な、ビジネス・パーソンを育てていきます。