〈お知らせ〉「江別の歴史と環境文化を後世に伝える会」記念講演会

「江別の歴史と環境文化を後世に伝える会」設立記念講演会【5月31日開催】

設立記念講演会

「江別の歴史と環境文化を後世に伝える会」(協力:札幌学院大学電子ビジネス研究センター)の設立を記念して、下記の通り講演会を開催致します。

■日 時:平成20年5月31日(土)15:00〜17:00
■場 所:札幌学院大学B館 B-101教室(江別市文京台11番地)
■参加費:無料
■講 演:
(1) ふるさと江別を知ろう〜ディジタルアーカイブの世界〜
        講師:札幌学院大学電子ビジネス研究センター長  
            札幌学院大学商学部教授  渡邊 愼哉
(2) 「江別っ子のアフリカぐらし」
        講師:元・東京外国語大学アジア・アフリカ言語研究所教授
           日野 舜也氏(江別市生まれ)
■主 催:江別の歴史と環境文化を後世に伝える会
■協 力:札幌学院大学電子ビジネス研究センター
■問合せ:札幌学院大学教務部大学院・研究課(TEL:011-386-8111)

「江別の歴史と環境文化を後世に伝える会」とは?

「江別の歴史と環境文化を後世に伝える会」は、江別の過去・現在の姿をさまざまなかたち(写真や動画・文章など)で記録して、未来の江別市民へ伝える記録を残そうと、去る4月19日(土)に市民の任意団体として設立しました。
現在、郷土資料館、江別市広報等が所蔵する古い写真をパソコンに取り込み保存(アーカイブ)したり、「江別の歴史を語る会」などの郷土史研究家と交流しながら情報収集・整理を進めています。
今後は江別市内で保存作業の成果を発表すると共に、保存した過去の写真などを閲覧できるようにしたり、広く市民に現在の江別市の写真を募集したりする活動を行う予定です。
本学電子ビジネス研究センターでは、ディジタルアーカイブに関する研究を行っており、すでに江別市広報の写真を12,000コマほどディジタル化し、公開実験等を行っていますが、継続的に江別市の歴史を後世に伝えるためには、地域に密着した継続した活動が必要と考えており、この会の主旨に賛同し、応援するものです。
  • 発行日: 2008年05月23日