〈お知らせ〉商学部連続講演会第1回

2009年経営学部新設・商学部開設40周年記念連続講演会が始まりました

7月18日(金)、札幌学院大学サテライトキャンパス、社会連携センターにおいて、札幌に事務所をもつ田北百樹子氏(社会保険労務士)が「シュガー社員から学ぶ・若者の価値観にどう対応していく?」と題して講演しました。これは、経営学部新設・商学部開設40周年記念連続講演会の第1回目。

社会保険労務士として労務やビジネスマナーの相談を受けてきたことから『シュガー社員が会社を溶かす』(ブックマン社)を執筆するようになったきっかけ、この著書が大ブレイクするまでの経緯、シュガー社員を企業に活かすための心得、「シュガー」な部分を取り払えば優秀な人材であることをお話しされました。
田北氏は、いつもは専門家を前にしての講演とのことですが、今回は初めて一般市民の方々へ講演するとのこと。どなたが聞いても楽しい話にしたいと、めりはりのきいた具体的な内容に40名あまりの聴衆が耳を傾けました


【連続講演会 次回(第2回)のお知らせ】
日 時:8月2日(土) 開場10時 / 開演10時30分
会 場:札幌学院大学 B101教室 (江別市文京台11番地)
講演者:池上 浩一 氏
(野村ホールディングス(株)コーポレート・シティズンシップ推進室シニアコミュニケーションオフィサー)
テーマ:「グローバル化する世界と資本市場の果たす役割」
入場料:無料
申込み:不要
定 員:150名

【お問合せ先】 
札幌学院大学教務課商学部係
電話011-386-8111