〈お知らせ〉秋の食生活改善運動

えっ?100円!?「秋の食生活改善運動」朝食を食べよう!キャンペーンが始まりました

実りの秋がやってきました。5月に行った春のキャンペーンに引き続き、江別4大学・2短期大学共同企画「秋の食生活改善運動」朝食を食べよう!キャンペーンが10月28日から始まりました(札幌学院大学、酪農学園大学・酪農学園大学短期大学部、北翔大学・北翔大学短期大学部、北海道情報大学)。
本学は4日間、他大学は3日間の期間限定です。地域の住民の方々にもご案内する企画。なんと!100円で朝食が食べられます。
心身ともに健康な学生生活を送るためには、三度三度の食事がそれぞれ重要ですが、その中でも「欠食しがちな朝食を提供したい」、「同じテーブルを囲んで教職員学生が朝食を摂ることで楽しい環境をはぐくみたい」、「地域住民の方々とも朝食を通じて交流を図りたい」江別4大学・2短期大学が持つこうした共通の願いを、より効果的な食生活改善につなげるため同じ日程としました。

このボリュームで、な、なんと100円!

本学では31日までの4日間で(午前8時20分〜9時30分)、1,000人分の朝食を準備。「朝食でエネルギーをしっかり蓄えて、1日を気持ちよく健康に過ごしてほしい」と小内純子学生部長。今回のキャンペーンには、農林水産省北海道農政事務所と江別市の後援をいただき、JA北海道中央会から米、馬鈴薯、たまねぎ、JA道央から米、馬鈴薯、たまねぎ、ブロッコリー、エム・シーシー食品株式会社から道内産コーンを使用したコーンスープが提供され、札幌学院大学生活協同組合の協力のもと、地元の食材をたっぷり使った4日間それぞれの特別メニューを用意することができました。

ずらりとならんだ小鉢10種類。ここから2品選んでね!

今日は、チキンライス、チキンカツ、野菜スープをベースにして、10種類の小鉢から2品を各自が選び、さらに牛乳がつくメニュー。「小鉢はジャム添えヨーグルトと、中華はるさめサラダがよく出ました」と、食堂の守田さん。学生からは、「100円でこんなに食べていいの?」「安くてバランスが取れている。小鉢のメニューがたくさんあって、選ぶのが楽しい」、「いつも家で朝食を食べているけれど、今日はもっとバランスのいい食事ができると思って来た」とボリュームのある食事を前にとても楽しそうでした。


生協の職員が一人ひとりに声をかけてごはんを出してくれました

おいしい朝食4日間限定!(日替わりメニューで牛乳と小鉢2品のチョイス付き)

10月28日(火)(先着200食)
チキンライス、チキンカツ、野菜スープ
10月29日(水)(先着200食)
ミニバゲット(パン)、ハンバーグ、スクランブルエッグ、野菜コロッケ、コーンポタージュ
10月30日(木)(先着300食)
ライス、グリルチキンハーブ、プレーンオムレツ、野菜トマト煮
10月31日(金)(先着300食)
プレーンベーグル(パン)、チキンカツ、プレーンオムレツ、パンプキンスープ
  • 発行日: 2008年10月28日