〈お知らせ〉学術研究功績者表彰式

学術研究功績者の表彰式が行われました(1月15日)

本学で開発した自動採点ツールを使った双方向型高大連携の取組みが「第33回教育システム
情報学会全国大会」において研究奨励賞を受賞したことは、10月9日の新着情報でお伝えしましたが、このたび、本学の学術研究活動に貢献したことを称えて表彰式が行われました。

藤田理事長から受賞者一人ひとりに賞状と記念品が贈られ、布施学長からは「自動採点ツールによって学生の自学自習が増えただけでなく、
高校にも広がったのは心から喜ばしいこと」とお祝いの言葉がありました。

受賞者を代表して石川千温商学部教授は「今回の受賞はこの取組みに関わった全員の力がなくては成し得なかったこと。自動採点ツールが評価されたことをばねにして、今後も一層、情報教育を通じた高大連携を意義あるものにしてゆきたい」と受賞の喜びを語りました。

(左から)石川教授、皆川教授、渡邊教授、中村教授、小池准教授

  • 発行日: 2009年01月16日