東亞大學校の学生10名来学

東亞大學校の学生10名が来日しました

2月5日(木)から2月12日(木)まで、韓国・東亞大學校の学生10名を迎えて、8日間の交流プログラムを実施します。交換協定プログラムで韓国に派遣された経験をもつ本学の学生を中心にした学生歓迎実行委員会の25名が企画を運営・サポート。現在本学に留学している5名の韓国の学生も参加します。
*画像をクリックすると拡大します。
◆2月5日(木) ようこそ札幌学院大学へ!

11時15分に新千歳空港に到着し、宿泊先となる本学第2キャンパスにある合宿所に荷物を置いた後、布施晶子学長を訪問しました。
  • 布施学長から歓迎のあいさつ

  • 学長からプレゼント

  • 日本語はまだ上手に話せないんです

  • これからの日本での生活が楽しみ!



◆2月7日(土) すしを握りました

マグロやサーモン、ほたてなど生ずしの握りに挑戦!片手でご飯を握って仕上げる手巻き寿司もつくりました。最初は手にくっついたご飯粒に悩まされたけれど、次第に上手に。韓国に帰ったら家族でやってみようっと。
  • 鮨処はせ川の三田さんから丁寧に教えてもらって

  • ごはんつぶが手にくっついちゃうんだよね

  • かにの握り、上手でしょ!とってもおいしい!



◆2月10日(火) スキー体験学習です

専修大学北海道短期大学(美唄 光珠内)のご好意でキャンパス内のスキー場をお借りし、スキーを楽しみました。スキーにのるのは今日がはじめての学生さんがほとんど。天候に恵まれ、スキーやボブスレーで雪を満喫しました。
  • スキー場に到着しレッスン開始

  • それでは滑ってみましょう

  • 天気が良くて風も気持ちいい

  • ボブスレーも楽しみました