〈お知らせ〉奨学金拡充

給付奨学金制度を導入しました−経済危機による修学困難者を減らすために−

札幌学院大学は、昨今の深刻な経済不況に鑑み、従来の経済援助奨学金を改革・拡充し、「年間授業料の半額」「前期授業料の半額」の2種類の給付奨学金制度を導入することを決定しました。
米国の金融不安に端を発した世界同時不況の影響は、我が国にも深刻な影響を及ぼし、雇用情勢も悪化の一途をたどっています。このような経済状況の下、本学においても、経済的理由により学業を継続することが困難になる学生や、合格しても手続きができない、大学進学そのものを断念せざるを得ない受験生が増加することが懸念されています。

札幌学院大学ではこうした事態を深く憂慮し、学生の修学継続が可能になるように、従来の「札幌学院大学経済援助奨学金制度」を改正するとともに、給付に関わる予算枠を総額約1,700万円(前年度一部給付960万円)に拡充してこの事態に対応することと致しました。
新入生に対しては、下記の要領で奨学金申請受付、給付を行います。
(1)給付額
年間授業料の半額(417,000円)給付   10人程度
前期授業料の半額(208,500円)給付   20人程度
(2)選考方法
申請者のうち、経済的困窮度(日本学生支援機構の奨学金制度の「家計素点」を準用)が高い方から選考
(3)申請時期
入学後(4月)

*在学生に関しても上記人数とは別枠で募集する予定です。 
*詳細については入試課又は学生課へお問い合わせ下さい。(電話代表:011-386-8111)
  • 発行日: 2009年03月06日