〈お知らせ〉学位記授与式挙行

平成20年度学位記授与式が挙行されました

平成20年度学位記授与式が3月19日、北海道厚生年金会館で行われ、大学院は、法学研究科13名、臨床心理学研究科10名、地域社会マネジメント研究科15名の計38名、学部は、商学部128名、経済学部180名、人文学部318名、法学部184名、社会情報学部105名の計915名に学位記が授与されました。

布施晶子学長は、詩人中原中也の詩から
「陽気で坦々として、而(しか)も己を売らないことをと、わが魂の願ふことであつた」
という一節を引用しながら「自分に誇りを持って、自分らしい生き方を貫いてください」と、はなむけの言葉を贈りました。
社会情報学部学生自治会執行委員長の伊藤菜摘さんから祝辞が述べられ、人文学部人間科学科を卒業する福島美季さんからは、これまで見守ってくれた家族や友人への感謝と共に、「社会の中でもしっかりと背筋を伸ばして立ち、自分の目指すものを信じて、人を信じて、社会の寒さに負け
ない人になります」と答辞が述べられました。

本学最高齢で修士の学位を受ける斎藤巌さん

修了生、卒業生、保護者のみなさま、ご卒業
おめでとうございます。
それぞれの道における今後のご活躍を心から
祈念しています。

今日から新しい世界へ一歩を踏み出します

  • 発行日: 2009年03月19日