新入生の新学期

新入生の新学期を追ってみました

新入生ガイダンスでは、科目の履修の方法・時間割の作り方などの学修のすすめ方、マップによる教室の位置確認・学割のもらい方・窓口時間などの大学生活の送り方などの説明があります。
また、学生全員に与えられる情報ポータルの利用方法のガイダンス、英語プレイスメントテスト、就職に向けたコンピテンシー検査の実施など、盛りだくさんの内容が新入生を待っています。多忙な新学期を過ごす新入生の様子を写真で追ってみました。
*画像をクリックすると拡大します。

1週目(4/6〜11)

◆4月6日(月) 新入生ガイダンス始まる
毎日ホームルームがあっていつもの教室に登校してきた高校生活と違い、受講する科目が開講されている教室に行き、自分の座る場所を決めて学修する生活が始まります。その違いを具体的に知ることからスタートです。
  • 相手に働きかけることで学ぶことがたくさんある(こども発達学科)

  • 聴覚に障がいを持つ学生のためにパソコンテイクをするバリアフリー委員会のメンバー(英語英米文学科)

  • 経済学の専門知識を身につけ、日常生活を豊かに(経済学科)

  • マインドマップを使った学生課のガイダンス−楽しい大学生活を送るために−

◆4月7日(火) 情報ポータルも学習支援室ものぞいてみようか
講義の連絡や大学からの呼び出し、キャリア支援課からの重要なお知らせなど、「情報ポータル」を通じて自分で情報をゲットしなければ大学生活がスムーズに運びません。今日は人間科学科、社会情報学科、法律学科が情報ポータルのガイダンスを受けました。9日までにすべての学科がこのガイダンスを受ける予定です。
  • ログインの方法はわかりますか?何でも聞いてください(情報ポータルガイダンス:法律学科)

  • わからないことがあったらみんなで相談しあって解決しましょう(情報ポータルガイダンス:法律学科)

  • 早速友だちと情報ポータルにアクセスしてみました「あ、こういうことね!」(学内各所にある情報ポータルステーション)

  • 学習支援室にいる先輩に履修の方法だけでなく、大学生活のコツなるものも聞けてしまいます

◆4月8日(水) 食事も大切、仲間も大事
50年記念館(G館)6階には一品料理を中心にした食堂「カフェテリア・ソレイユ」(約300席)、7階には軽食・ファストフードの「カフェテリア・ファランステール」(約270席)があります。今日は全学科とも英語プレイスメントテストの日、お腹にも頭にも栄養を蓄えなきゃ。
クラブ・サークル活動を通じた出会いと目標をもってみんなで取り組む「とき」の貴重さ。それをよく知っている先輩だからこそ、毎日1年生にサークル勧誘を行います。大学生活でだけ経験できる充実した日々がそこに待っています。
  • セルフサービスでお皿に盛り放題のサラダコーナーはドレッシング抜きで1g1円(生協食堂7Fファランステール)

  • 春のお惣菜盛り合わせ 野菜と海草のバランスメニュー、なんと84円(生協食堂6Fソレイユ)

  • まだ出会えていない1年生への思いをポスターに込めて
    来たれ、新入部員!

  • 初心者大歓迎!
    全国出場の経験豊富な先輩がついています

◆4月9日(木)〜10日(金) 合宿オリエンテーションで仲間づくり
一泊二日の合宿オリエンテーションが実施されました。各学科とも大学でクラスの企画を行った後、札幌市南区にある定山渓温泉で宿泊です。複数の先輩学生がクラス毎にサポートにはいり、行事の運営を担当しながら大学生活のアドバイスや、新入生のいろいろな相談にのったりします。
経済学科では、「学生生活入門─薬物と消費者」と題し、薬物乱用の恐ろしさを訴える講演をするなど、各学科でそれぞれに練った企画を行いました。
  • 経営学部会計ファイナンス学科の教授陣 マイクを持って挨拶しているのは邵 藍蘭(しゃお・らんらん)准教授

  • もっと腰いれて引っ張れよ〜!みんなでちからを合わせて(法律学科クラス対抗綱引き大会)

  • いよいよバスに乗り込み定山渓温泉へ 忘れ物はありませんか?

  • これから夕食です ごちそうを前にもう少々の辛抱(社会情報学科)

2週目(4/13〜17)

◆大学生活に欠かせない図書館、そしてちょっと息抜き
  • 図書館を活用するためのガイダンス 効率的に情報を集める方法を学びました  

  • 広い図書館 少しずつ書架の場所も覚えてください コピーの仕方にもルールがあるので守ってくださいね

  • 16日(木)、日本ハム球団から招待を受けて、札幌ドームでオリックス戦を観戦 応援している様子がビジョンで紹介されました

  • じっくりと観戦中 この日は武田勝投手の好投でファイターズが快勝 稲葉ジャンプも体験できました

5月

◆大学を知ること、自分をみつめること
ゼミ単位で建学記念館(1987年に創立40周年を記念して建設)にある資料展示室を訪れ、大学の歴史について学びました。ここには文科専門学院時代から札幌学院大学までの歴史を語る貴重な資料が展示されています。
─札幌学院大学資料展示室 土・日、大学の休日を除く毎日 午前10時から午後4時まで開館

そろそろ新しい環境にも慣れて、緊張もほぐれてきたころ。
と同時に食事や生活のリズムもついつい乱れがちではありませんか。初めてのひとり暮らしで食事に苦労している新入生は、江別市内4大学・2短大の共同企画「春の食生活改善運動」(5/19〜21)にぜひ参加してください。バランスのとれたおいしい朝食が100円で提供されます。朝しっかり食べることの大切さを理解して、心身ともに充実した学生生活を。
  • ここが建学記念館です(2号館の向かい側)。この中に資料展示室があります。建物の裏手は緑濃い大学の杜。

  • 「これなんだろう?」思わぬ発見があるかも。

  • 案内役は元学長の杉本正名誉教授。楽しい説明にどんどん引き込まれます。

  • これがウワサの100円朝食(写真は昨年のもの)。小鉢のおかずは好きなものを選べます。