〈重要〉新型インフルエンザ等感染症に関する注意事項

新型インフルエンザ等感染症に関する注意事項について

2009年4月28日

学生、教職員各位
札幌学院大学 学長
ご承知のように、メキシコ、アメリカ、カナダなどで豚インフルエンザが流行し、多数の感染報告が報道されています。4月27日、WHOは継続的に人から人への感染がみられる状態になったとして、フェーズ4宣言を正式に公表しました。

これからの時期、連休等で海外渡航される方もおられると思います。上記の地域への渡航については自粛されることが望ましいですが、渡航する必要のある場合は、現地の情報を十分に把握し、安全対策と予防に努めてください。

なお、帰国後に発熱や呼吸器症状などの症状を認めた場合、または症状がない場合でも帰国後10日以内に疑わしい症状が出現した場合には、登校・外出はせず、医療機関を受診する場合も、事前に最寄りの保健所にご相談いただいた上、必要に応じて感染症指定医療機関などを受診し、大学に必ずご連絡ください。
  • 発行日: 2009年04月28日