〈お知らせ〉社会情報サマースクール

社会情報学部サマースクール「FLASHを使ってアニメーション作成」を開催しました

8月3日・4日の両日、社会情報学部は「FLASHを使ってアニメーション作成」と題して、C館2階第1情報教育実習室においてサマースクールを開催しました。
札幌拓北高等学校から10名(3日は9名)の高校生と、石狩翔陽高等学校から1名の先生が参加され、2日間にわたる講義を受講しました。
今回は、FLASHを用いたアニメーション作成を体験しました。高校とは違ったソフトウエア環境で社会情報学部皆川雅章教授の指導のもと、より一層のレベルアップをめざしました。
高校よりも長い1コマ90分の講義を4コマ受講するという密度の高い内容でしたが、講師の話に熱心に集中する姿が印象的でした。 (2004年から札幌学院大学と札幌拓北高等学校は情報教育の高大連携を実施しています)

マウスをクリックするとアラ不思議!ボールが動きました!!