〈お知らせ〉日本計算機統計学会シンポ

日本計算機統計学会 第23回シンポジウム開催

11月7日、8日の2日間、日本計算機統計学会 第23回シンポジウムを下記要領にて開催します。
一般の方も聴講できる「特別講演」と「統計教育に関するセッション」を設定していますので、市民の皆様もどうぞご参加ください。

11月7日(土)
 ◆特別講演(13:00〜13:50)
   「Tobacco Control ─世界の潮流と国内の動向─」
       北田 雅子 氏(札幌学院大学経営学部准教授)

 ◆統計教育セッション(16:30〜17:30) 
   テーマ 「統計教育の最近の動向」

   「高等学校 『数学Ⅰ』 『データの分析』 」
       中村 均 氏(北海道立教育研究所)
   「知識基盤社会における統計教育の役割 〜新学習指導要領での位置付け〜」
       渡辺 美智子 氏(東洋大学 経済学部教授)
   「数学の中の統計、統計の中の数学 ─AP Statisticsの教育経験を通して─」
       岩崎 学 氏(成蹊大学 工学部教授)

11月8日(日)
 ◆特別講演(13:00〜13:50)
   「新型インフルエンザ発生動向に係る統計的諸問題〜データ収集から統計的推測へ〜」
       高橋 邦彦 氏(国立保健医療科学院)
 
■場  所 : 札幌学院大学 B館3階 B301教室
■参 加 費 : 無料
■申し込み : 不要 当日直接会場までお越しください

◎お問合せ: 札幌学院大学 中村 永友(なかむら・ながとも 経済学部教授) 011-386-8111(代)
  • 発行日: 2009年10月27日