〈お知らせ〉シンポジウム「監視と管理」

シンポジウム「監視と管理─肥大化する犯罪不安と健康不安を問う─」 【11月7日開催】

このたび、学内教員有志により下記要領にて現代社会における「不安」と「安全・安心」の再考を目的としたシンポジウムを開催します。市民の皆様にも広く公開する形で開催しますので、ご案内申しあげます。

■日  時: 2009年11月7日(土) 13:30〜17:30
■場  所: 札幌学院大学 B-101教室
        江別市文京台11番地
■参加費: 無料
■申し込み: 不要 当日直接会場までお越しください
■内  容:
 【開催挨拶】 13:30〜13:40
 【報告1】 13:40〜14:20
   テーマ 犯罪不安とセキュリティの暴走
        ─監視カメラによる「安全・安心」の意味するもの─
          報告者 / 芹沢 一也 氏(慶應義塾大学講師 / 日本近代思想・現代社会論) 
 【報告2】 14:20〜15:00
   テーマ 健康不安意識の蔓延を再考する
        ─タバコ有害論、受動喫煙防止論の検証を中心に─
          報告者 / 名取 春彦 氏(獨協医科大学放射線科医師)
 【報告3】 15:10〜15:40
   テーマ 監視と管理についての憲法学的・政治学的考察
          報告者 / 清水 雅彦 (札幌学院大学法学部教授 / 憲法学)
 【学生団体の報告】 15:40〜16:00
 【質疑応答と討論】 16:00〜17:30  
 
 【司  会】 井上 芳保 (札幌学院大学社会情報学部教授 / 社会学)

 ◎お問合せ:札幌学院大学 井上 芳保(社会情報学部教授) TEL:011-386-8111(代)
  • 発行日: 2009年10月30日