〈お知らせ〉博物館実習展示

700個の消しゴムが勢ぞろい!「消しゴム展」開催中(11/20まで)

今年も学芸員課程を履修している学生たち(人間科学科5名、臨床心理学科1名)による博物館実習展示が開催されています。今回のテーマは、ふだん何気なく使っている消しゴム。
消しゴムの歴史から文字が消える仕組み、消しやすさを比較体験できるコーナーをはじめ、この展示のために家族・友人・知人等から借り受けた約700個の消しゴムが並んでいます。
「砂消し」や「ねり消し」といった最近はあまり見かけなくなったものや、一見して消しゴムには見えない手の込んだものもあり、世代を超えて楽しめる内容です。

文字が消える仕組みは…

展示班長の佐藤亮輔さん(人間科学科3年)は「展示している消しゴムは、合わせて20人以上の方からお借りしたもので、一つひとつが生きるように展示方法を工夫しました。身近なテーマなので、一般の方もぜひ気軽に立ち寄ってください」。

引き出しのすみに転がっている消しゴムの見方が変わるかもしれません。

ずらりと並んだ700個(の一部)

◇日 程: 10月26日(月)〜11月20日(金)
◇場 所: 考古学資料展示室(A館1階)
◇開館日: 月・木・金曜日 9:00〜17:00
        水・土曜日 9:00〜13:00
        火曜日 12:30〜17:00
        *日曜・祝祭日 休館
◇入館料: 無料

これも消しゴム?!