〈お知らせ〉国際交流の活性化に向けて ミャンマー写真展

国際交流の活性化に向けて ─ミャンマー写真展開催─

12月10日(木)から12月22日(火)の間、G館1階ホール ホワイエにて、本学外国人講師のマーティン・マーフィー教員によるミャンマー写真展が催されています。
ミャンマーの各地で撮られた風景や人物写真は計22枚展示され色鮮やかです。マーフィー教員は過去に4年間かけて世界一周をするなど大の旅好きで、特に東南アジアへの興味は強く、各国へ旅をしながら現地の人々と交流し、それらを写真に収めてきました。
今年度の国際交流センターによるタイ異文化交流プログラムの引率教員として学生と関わる中で、学生のアジア諸国への強い興味を感じ、また近年では本学が韓国、中国、タイ王国などのアジア圏大学との交流が盛んになってきています。このような状況からミャンマーで撮りためた写真を学内で展示し、学生のさらなる国際交流への関心を喚起できればという思いから、今回のミャンマー写真展開催の運びとなりました。

写真の説明をするマーフィー教員(右)

お昼休みなど、時間帯によっては展示場にマーフィー教員がいるかもしれません。その時は是非、遠慮せずに話しかけてください。写真を見ながらそれぞれのエピソードをお話してくれるでしょう。
多くの学生、市民の皆さんのお越しをお待ちしています。

【ミャンマー写真展】
 12月10日(木)〜12月22日(火) 
 G館1階 ホワイエ   月〜金 10:00〜17:00  土 10:00〜13:00

◇Martin J. Murphy マーティン・マーフィー(英語英米文学科の教員紹介のページへ)
 担当科目:英語/English Writing/Oral CommunicationC
  • 発行日: 2009年12月10日