〈お知らせ〉4年後を見据えて

4年後に向けて再スタート!

バンクーバーオリンピックでリュージュ女子一人乗りに日本代表として出場した安田 文さん(人間科学科卒業生)が大学を訪れ、西尾副学長と小内学生部長に帰国の報告をしました。

大学と同窓会からそれぞれ奨励金が贈られた後、今後の競技継続について尋ねられた安田さんは 「このままでは終われない。次のオリンピック代表入りを目指して競技を続けたい」と力強く答えました。

4年後を目指すと決意を語る安田さん

「夏場のトレーニング場所やトレーナー探しに苦労している」という安田さんに小内学生部長が本学第2キャンパスの体育施設の利用を勧め、さっそくこの春からトレーニングに活用してもらうことが決まりました。
小内学生部長は「オリンピックレベルの選手を間近にしながらトレーニングできることは本学の学生たちにとっても大きな刺激になるはず」と期待を込めて語りました。

競技の写真を見ながら西尾副学長と歓談

最後に、声援への感謝の気持ちとして安田さんから大学に贈られた写真にはこんな言葉が添えられていました。

どんなに悔いても過去は変わらない
どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない
いま、現在に最善を尽くすことである
ありがとうございました!!        安田 文


10月からはまた海外遠征が始まります。安田選手の新たなスタートをぜひ応援してください。
  • 発行日: 2010年03月17日