〈お知らせ〉故望月正男先生のご遺族から絵画が寄贈

故望月正男先生のご遺族から絵画3点が寄贈

平成20年4月にご逝去された望月正男先生(人文学部教授)のご遺族から、先生の遺志を受け、生前に先生が描かれた作品から絵画3点が、この度本学に寄贈されました。
 

「落日」(1980年) G館2階ロビー

故望月正男先生は、北海道教育大学釧路校に長らく勤務され、昭和56年3月に定年退官の後、昭和56年4月より昭和63年3月まで、本学人文学部特任教員として、美術教育の研究と指導に携わられました。
この度寄贈された絵画は、数多くの作品の中でも高く賞賛されている「落日」、「マントンの丘」、「ノートルダム・ド・パリ」という3点です。

「ノートルダム・ド・パリ」 3号館2階

これを受け、平成22年6月23日に奥谷学長から故望月正男先生の奥様昌子様に感謝状が手渡されました。奥谷学長からは、「この貴重な絵画を教職員、学生、地域の方々と共に末永く鑑賞したい」との言葉がありました。

学長室で感謝状授与

現在、絵画3点は、3号館2階廊下、G館2階ロビー、図書館1階フロアにそれぞれ展示されています。先生の深く力強い作品を是非ご覧ください。

「マントンの丘」(1971年) 図書館1階フロア

  • 発行日: 2010年07月01日