〈お知らせ〉いのちの山河

「いのちの山河 日本の青空Ⅱ」 江別上映会のお知らせ

日本国憲法制定に多大なる影響を与えた憲法学者・鈴木安蔵を中心に、憲法制定過程を描いた「日本の青空」(2007年)は、全国約800カ所で上映され、約50万人の観客を集め、2007年に江別市内でも上映されました。その続編として、憲法25条の生存権をテーマに、岩手県沢内村(現西和賀町)の深沢晟雄(まさお)村長の取り組みを描いた「いのちの山河 日本の青空Ⅱ」が制作されました。
昨今の日本では、憲法25条がありながらも、所得格差が拡大し、社会保障を十分に受けられません。この映画では一地方で憲法25条の実現を目指した一人の人物にスポットを当て、一つの可能性を示しています。このような人物が各地に出てくれば、日本はもっと希望に満ちた国になるのではないでしょうか。是非、お一人でも多くの江別市在住・在勤・在学の方々にこの映画を見ていただきたいと思います。

*札幌学院大学は、本作品の制作趣旨に賛同し、江別上映会を後援しています。

---------------------------------------------------------------------------
「いのちの山河 日本の青空Ⅱ」
(あらすじ) 山間部豪雪地帯にある無医村で、乳児死亡率日本一だった沢内村。この村で村長に
なった深沢晟雄は「生命尊重」の理念を掲げ、憲法25条を盾に、全国に先駆けて高齢者と乳児の
医療費の無料化を実現し、全国で初めて年間の乳児死亡率ゼロを達成します。そこに至るまでの
深沢村長と村民たちとのドラマ。
(監督)大澤豊
(出演者)長谷川初範、とよた真帆、加藤剛、大鶴義丹、宍戸開、小林綾子 ほか
---------------------------------------------------------------------------
■日時 9月22日(水)
     1) 13:30〜  2) 16:00〜  3) 18:30〜
■場所 野幌公民館ホール(江別市野幌町13-6 JR函館本線野幌駅下車徒歩約10分)
■料金 一般・学生 前売券1000円(当日券1500円)
     小中高校生 800円
     ◇前売券のお申し込みはこちらへ◇
     「いのちの山河」江別上映実行委員会委員長 清水雅彦(法学部教授)
      〒069-8555 江別市文京台11番地 札幌学院大学法学部
      TEL 011-386-8111(代) 、FAX 011-386-8113(代)

(呼びかけ人)
井上昌保(元酪農学園大学教授、江別市私立幼稚園連合会会長)
太田一男(酪農学園大学名誉教授・政治学・憲法学、社会福祉法人神愛園理事長)
太田結子(元江別市立病院看護部長、幸せなまちづくり江別の会代表)
河合博司(酪農学園大学教授・地方自治)
芝田和子(名寄市立大学名誉教授)
嶋田佳広(札幌学院大学法学部准教授・社会保障法)
二通 諭(札幌学院大学人文学部准教授・特別支援教育)
林 恭裕(北翔大学人間福祉学部医療福祉学科長)
久末久美子(北翔大学人間福祉学部地域福祉学科長)
藤原素子(北翔大学人間福祉学部地域福祉学科教員)
三井房子(江別認知症の人の家族を支える会代表)
渡邊京子(江別市赤十字奉仕団委員長)

(主催)
 「いのちの山河」江別上映実行委員会

(後援)
江別市教育委員会、札幌学院大学、北翔大学人間福祉学部、酪農学園大学、
北海道看護協会、北海道新聞社
  • 発行日: 2010年07月26日