〈お知らせ〉社会と情報に関するシンポジウム

「第20回社会と情報に関するシンポジウム」 みんなの知恵は案外正しいか?

集合知に関するシンポジウムを開催します

インターネットの普及にともない、ウィキペディアにみられるような多くの個人の協力から形成される知識や人々の集団の意見や討論から生まれる集団的知性、すなわち集合知が注目されています。
この集合知をテーマに日本社会情報学会、青山学院大学社会情報学部、札幌学院大学社会情報学部の教員がその未来と問題点を様々な角度から熱く討論します。
今回のシンポジウムは一般の方にも聴講できるものとなっていますので、皆様のご来場をお待ちしています。

日 時: 2010年9月8日(水)日13時30分〜17時30分
場 所:札幌学院大学社会連携センター3階
     札幌市中央区大通西6丁目(Tel:011-280-1581)
入場無料・事前申込不要
お問合せ:長田博泰(ながた・ひろやす 札幌学院大学 社会情報学部教授)Tel:011-386-8111

共通テーマ:「集合知と社会情報学:社会情報学の構築を目指して」
 「集合知とメディア:インテクチュアルズの役割」 (伊藤 守 早稲田大学教授) 
 「集合知が求められる時代—社会と個人の関係変容」  (正村俊之 東北大学大学院教授)
 「集合知とソーシャルコンピューティング」  (増永良文 青山学院大学教授)
 「モバイルネット社会の到来と集合知」   (伊藤一成 青山学院大学准教授)
 「集合知としての社会情報学─科学とコミュニケーションの間で」 (高橋 徹 札幌学院大学准教授)
 「社会情報学と『情報』定義再考」 (千葉正喜 札幌学院大学教授) 
  • 発行日: 2010年08月31日