〈お知らせ〉心理臨床センター市民講座2

心理臨床センター市民講座「こころの健康(第2回目)」が開催されました。

9月18日、江別市民会館において第2回目の心理臨床センター市民講座「こころの健康」が開催されました。今回は,「働く人のうつ病〜自殺対策と治療〜」というテーマで、本学教授で精神科医の横山太範先生と、さっぽろ駅前クリニックの臨床心理士である草岡章大先生(本学大学院修了生)に講演していただきました。横山先生は,うつ病を理解するための基本的な話をして下さいました。うつ病になると100%眠れないという症状があるとか,現代型うつ病と従来型うつ病の違い,さらにプレゼンティズム(出勤しているが労働遂行能力は低下している状態)という概念についてわかりやすく説明してくれました。

講演している横山太範先生の様子

また草岡先生は,認知行動療法の基本的な考え方を説明した後,具体的な治療例を紹介してくれました。社会や上司の考えを変えることはできないが,自分自身が変わることは可能であると,意識の幅を広げていく作業の必要性を強調していました。

講演後の質疑応答も活発に行われ,充実した内容でした。参加者は約100名で前回とほぼ同じでしたが、アンケートの回答にはうつ病について理解を深めることができたという感想が多くみられました。「こころの健康」に関する市民の関心の高さが窺えました。

講演している草岡章大先生の様子

*第3回目は、10月9日(土)14:00から本学B101教室を会場として、
以下のシンポジウムを予定しております。

「こころの健康を保つために−心理臨床センターの活動−」
・こころの健康とは−精神科医の立場から
・カウンセリングがめざすもの
・こころの健康 セルフチェック
・こころとからだ−身体心理学の立場から

☆「こころの健康」第3回への申し込みについてはこちら
  • 発行日: 2010年10月01日