現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 新着情報
  3. 2010年度
  4. 〈お知らせ〉2010年10月13日 社会調査室シンポジウムのご案内

スコットランドからクリス・ヒギンズさんをお迎えして公開シンポジウムを開催します【10月22日開催】

札幌学院大学人文学部社会調査室では、「北海道の地域社会再生と活性化」に関する公開シンポジウムを開催します。現在進行している経済のグローバル化の下で、とくに北海道は、長引く経済的不況による産業解体・企業倒産とそれらに伴う人口流出により多くの地域社会の崩壊を招きかねない深刻な状況に直面しています。本シンポジウムでは、そうした厳しい状況下にある北海道の地域社会再生のあり方について考えることを目的としております。
また、そのためのヒントをえるために、イギリスのいわゆる「周辺地域」といわれているスコットランドの「開発公社」の地域再生政策と諸活動についての基調講演を予定しております。本学の学生はもちろん、多くの市民の皆様にお越しいただきますようご案内いたします。

テーマ:北海道の地域社会再生と活性化
日時:10月22日(金)14:30〜17:30
会場:札幌学院大学3号館第2会議室(3号館4階)
1 基調講演:クリス・ヒギンズ(スコットランドHIE文化・第3セクター部・部長)
 「スコットランド高地・島嶼部開発公社のコミュニティ再生政策と活動」
2 シンポジウム:コーディネーター・司会 松岡 昌則(北海道大学院文学研究科)
 大野 剛志(旭川大学保健福祉学部)
「グリーン・ツーリズムによる新たな経営戦略と地域農業の展開(長沼町)」
 木戸 功(札幌学院大学人文学部)・学生
  「景観形成による地域活性化——北竜町のひまわりの里づくり——」
 鶴岡 恒男(東川町ぼだい樹の会設立者)
  「地域福祉の充実と住民活動の活性化(東川町)」
参加費:無料
申し込み:必要ありません。当日直接会場にお越しください
問合せ先:人文学部社会調査室(011-386-8111 内線4702)・内田研究室(内線5026)

  • 発行日: 2010年10月13日