〈お知らせ〉鶴丸先生名誉博士号授与

人文学部人間科学科鶴丸俊明准教授に モンゴル科学アカデミー考古学研究所名誉博士号が授与されました。

人文学部人間科学科鶴丸俊明准教授(専門分野:考古学)が、20年にわたるチンギス・ハン関連遺跡,旧石器文化の調査研究と、それを通した日モ学術交流への貢献などが評価され、モンゴル科学アカデミー考古学研究所より、名誉博士号が授与されました。
10月30日(土)、モンゴル日本センター(独立行政法人 国際協力機構:JICA)で、日本・モンゴル共同調査20周年記念講演会に先立って贈呈式が行われ、モンゴル科学アカデミー副総裁B.エンフトゥフシン氏から、学位記が手渡されました。

 

学位記を受け取る鶴丸先生

☆ 受賞者の鶴丸俊明准教授からコメントをいただきました ☆

恩師に次いで、日本人で二人目ということで、身の引き締まる思いです。
 その名誉に恥じぬよう、研究を続けていきたいと思います。

日本大使館でのレセプションで挨拶をする鶴丸先生

  • 発行日: 2010年11月09日