〈お知らせ〉大健闘弓道部

大健闘!! 第34回全日本学生弓道女子王座決定戦 準優勝

11月23日三重県伊勢神宮弓道場で開催された第34回全日本学生弓道女子王座決定戦で本学弓道部は準優勝を飾りました。

準決勝では今年のインカレ準優勝校である熊本学園大学と18-18同中となり合計8本の競射の結果5-5、3-2で競り勝ち決勝に進みました。
決勝は今年のインカレ優勝校である桜美林大学と対戦し、26-31と惜しくも優勝を逃しました。
なお、この大会において伊藤沙耶佳さん(英語英米文学科4年)が優秀賞、 江渕可苗さん(法律学科4年)、柿本絵梨さん(人間科学科3年)が皆中賞を獲得しました。

準優勝の賞状を手に喜ぶ女子弓道部メンバーと小笠原監督

東西学生弓道選抜対抗試合で大活躍

また10月に札幌で開催された第56回全道学生弓道男子争覇戦において、原田克己君(法律学科・3年)は射道優秀賞を獲得しました。そして11月22日三重県伊勢神宮弓道場で開催された東西学生弓道選抜対抗試合に東軍のメンバーとして参加しました。大会では1本も外さない20射皆中を披露し優勝に貢献しました。そして東軍代表チームの射道優秀賞を獲得しました。

今回活躍した選手のコメントは次のとおりです。
江渕可苗さん(法律学科4年)
初心者同然で始めた自分が、4年生最後にこのような成績を皆で出すことができ、嬉しく思います。これをきっかけに今後も多くの新入生が入部し、活躍してくれることを期待しています。

伊藤沙耶佳さん(英語英米文学科4年)
4年間で一番弓道を楽しめた試合でした。大学で弓道を始めて良かったです!

柿本絵梨さん(人間科学科3年)
全国大会の決勝戦を経験できてとても光栄です。しかし、最後に悔しい思いをしたので、来年は優勝できるように練習していきたいと思います。

太田紫乃生さん(人間科学科3年)
来年、先輩は卒業し、自分の代が最上級生となりますが、自分達が先輩となり後輩を引っ張っていって再び王座出場を勝ち取りたいです。

本多由季さん(こども発達学科2年)
初めての王座で準優勝を経験することができたのはほんとうに素晴らしいことでした。

原田克己君(法律学科3年)
私は3年目にして初めて出場することができました。1年、2年のときは北海道で個人戦準優勝という結果で惜しくも東西対抗戦を逃していました。やっとのおもいで出場できたことにホッとしています。

今後の弓道部の活躍をご期待ください。

東軍のメンバーとして大活躍した原田君 

  • 発行日: 2010年11月30日