〈お知らせ〉雪祭り

抽選倍率5.9倍!さっぽろ雪まつり市民雪像に経営学部・吉川ゼミの1年生が参加しました

毎年多くの観光客が訪れるさっぽろ雪まつり。

62回目を迎えるその大イベントの市民雪像に経営学部・吉川哲生ゼミの1年生が参加しました。
市民雪像は自衛隊の製作するような大掛かりなものではありませんが、縦・横・高さが2メートルの雪を工夫して雪像にするものです。
計画段階では、各自持ち寄った雪像案で激しく議論しました。
一方で、まずは5.9倍という抽選会を勝ち抜けるかという不安もありましたが、幸運にも抽選会では見事当選を決めることができました。
その後、詳細な雪像作りの計画が練られ、2月1日から5日にかけて製作することになりました。
製作初日は大雪で作業を中止し、実際には2日から4日間で製作することとなりました。
過去に製作経験のある者は一人もおらず、どれくらいの時間でできるのかもわかりませんでしたが、ゼミ生が連日、会場の照明を落とされる夜10時近くまで製作にあたり、製作期間内に見事完成!
学生たちは何とも言えない充実感を味わったようです。
全員雪像作り初心者なのになかなかの力作!→

第62回さっぽろ雪まつりは本日2月7日(月)から13日(日)まで!
製作した雪像は西12丁目会場に展示されておりますので、ぜひ足を運んでみてください。
  • 発行日: 2011年02月07日