〈お知らせ〉 第3回日韓フォーラムin札幌

韓国 李 明博政権の現状と市民運動について語る 第3回日韓フォーラムin札幌を開催します

「韓国の政治と社会-李 明博政権と今後の展望-」と題し第3回日韓フォーラムを開催します。 李明博政権も残すところ1年半ほどになりました。来年には国会議員選挙と大統領選挙があります。韓国政治では政権をめぐる与野党対決が高まりつつあります。はたして政権交代は実現するのか、また市民社会はどのような役割を果たすことができるのか。韓国の政治事情に深く通じている政治学者の金萬欽院長と落選運動などの市民運動の実践家としても知られる社会学者のチョ・ヒヨン教授をお招きして講演と討論会を催します。
【日 時】2011年7月11日(月) 16時30分〜18時30分
【場 所】札幌学院大学B館1階 B101教室 (江別市文京台11番地)
【講 演】  
「李明博政権期の韓国政治と展望」
 金萬欽(キム・マンフム)
 韓国政治アカデミー院長。韓国カトリック大学校教授、国家人権委員会委員などを歴任。『民主化以後の韓国政治と盧武鉉政権』など著書多数

「韓国の民主主義と市民運動:展開と挑戦」
 チョ・ヒヨン
 聖公会大学校教授。落選運動の2000総選連帯執行委員、参与連帯運営委員会副委員長などを歴任。『韓国の進歩政治運動の歴史と争点』など著書多数

討論者
池直美(チー・ナオミ)北海道大学スラブ研究センター特任助教
朴鍾碩(パク・ジョンソク)北海道大学法学研究科助教
清水敏行 札幌学院大学法学部教授

*事前申込不要、無料
  問合せ先:札幌学院大学法学部清水敏行研究室 (011-386-8111代表)
  • 発行日: 2011年07月06日